【ダイソー】200円の「シリコンスチーマー」を売っていたので試しにいつものレンチン蒸し鶏を作ったら抜群に美味しかったのでこれは“あり”

ダイソー シリコンスチーマー 14000

ダイエットで鶏むね肉にハマり、シリコンスチーマーを使ってみようと思い立った2022年8月の時点ではダイソーになかった「シリコンスチーマー」が、10月になって売られているのを見つけたので購入しました!

糖質制限ダイエットの主役である鶏むね肉。レンチン蒸し鶏を作りまくっていますが、シリコンスチーマーだと簡単。でもブームが一段落したからか、ホームセンターでも見かけなかったんですよね。

だから、こうして「ダイソー」で取り扱いしてくれるのは本当にありがたいのです!

とはいえ、目当てのレンチン蒸し鶏が作れなければ(個人的には)意味がありません。少しサイズも小さめだし。

いつもの味でちゃんと作れるかな‥‥ということで、ダイソーの200円の「シリコンスチーマー」でレンチン鶏むね肉を作った記録です。先に結論を書いておきますが、問題なく美味しく作れました! やったね!

ダイソーの「シリコンスチーマー」を買った

ダイソーでは2種類の「シリコンスチーマー」が販売されていました。円形と長方形の2種類です。

ダイソー シリコンスチーマー 14001

ぼくはレンチン蒸し鶏を作るのがメインなので、長方形を購入しました。価格は200円です。

ダイソー シリコンスチーマー 14005

いつも食べているのがサミットで購入している約300gの鶏むね肉で、サイズ的にもギリギリ入りそうだと思いました。

ダイソーの長方形の「シリコンスチーマー」のサイズは20 x 11.5cmです。食洗機、レンジ、オーブンで使用可能です。

ダイソー シリコンスチーマー 14006

普段から愛用している「シリコンスチーマー」と比較すると、一回りくらい大きさが違います。

ダイソー シリコンスチーマー 14007

「シリコンスチーマー」のメリットの一つは、使わない時は折りたたんでしまえて場所を取らないことだと思っています。

ダイソー シリコンスチーマー 14008

目当ての鶏むね肉は十分に収まる高さです。

ダイソーの「シリコンスチーマー」で鶏むね肉をレンチンしてみる

いつものレシピで「レンチン蒸し鶏」を作ってみます。いつもと同じようにできるでしょうか。容器のサイズが小さくなるから“蒸し”に影響が出るのかどうかなど気になります。

ちなみに、ぼくが覚えているのは「水晶鶏」というレシピのようです。

それでは「レンチン蒸し鶏」を作ってみます。

ダイソー シリコンスチーマー 14009

鶏むね肉の皮をはぎ、フォークでこれでもかと穴を開けます。

ダイソー シリコンスチーマー 14012

軽く塩を振って全体に片栗粉とチューブの生姜をまぶします(本当は揉み込むと良いらしいが手が汚れるのが嫌なのでフォークでまぶしてます)。水と料理酒を大さじ2ずつ入れます。あれば青ネギも。

ダイソー シリコンスチーマー 14014

600Wで2分レンチンします。

ダイソー シリコンスチーマー 14015

2分で取り出したところです。なんとなくいつもより火の通りが甘いかな‥‥という気がします。

ダイソー シリコンスチーマー 14016

裏返したところです。やはりいつものより火の通りは甘いかな‥‥という気がしないでもありません。

さらに600Wで2分レンチンし、そのまま10分放置します(ぼくは電子レンジに入れたまま放置しています)。

ダイソー シリコンスチーマー 14017

10分経過すれば、これで完成です!

なんとなく火の通りが甘いような気がしていたのですが、カットして確認すると‥‥?

ダイソー シリコンスチーマー 14019

カットしたところ、ちゃんと火は通っています。念のため触ってみると、芯のあたりもかなりの熱さになっています。

いつもレンチン2分、2分、放置10分で足りるのかと思うのですが、とりあえず失敗したことはありません。

ダイソー シリコンスチーマー 14022

試食しても、普段のレンチン蒸し鶏と全く遜色がありません。しっとりジューシーで美味しいです。思わず「天才か!」と言いたくなってしまう美味しさです。

美味しくできたときは調味料なしで、このままでもパクパク食べられちゃうくらいなんですよね。300gはペロリですよ。

ダイソー シリコンスチーマー 14027

ちなみに玉ねぎも半分にカットすれば丸ごと1個が入りました。

ダイソーの「シリコンスチーマー」の感想

ということで、ダイソーの「シリコンスチーマー」は自分の普段遣いには全く問題がないということが分かりました。ちゃんと作れるじゃん、レンチン蒸し鶏。

恐らく、ダイソーのこのサイズだと初心者の時は小さいと感じたと思います。もともと大きめの「シリコンスチーマー」を購入したのにも理由があって、鶏むね肉と冷凍ブロッコリーとその他の野菜をまとめてレンチンしたら楽なのでは、と思ったのですよ。

でもレンチンしまくっていると、それは幻想だということが分かりました。

ダイソー シリコンスチーマー 14021

なぜなら、全ての食材でレンチンする時間が違うからなのです。当たり前なんですけど。でも、電子レンジというのは等しく加熱して、なんかいろんなものが結果的にうまくできるという幻想を抱いてしまっていたのです。

さにあらず。食材によって加熱する温度が違うので、途中で入れるとか、場合によっては途中でひっくり返すとか、そういうところでは知恵を使う必要が出てきます(それでも焼いたり煮たりより簡単だと思う)。

なので、ダイソーの「シリコンスチーマー」をいくつか用意しておいて、食材ごとにこまめにレンチンするというのが、自分の中では最適解になりそうだと感じています。

鶏の唐揚げピーマンの肉詰めは大きいサイズのほうが良いと思う。

あと「シリコンスチーマー」の問題点として食材のニオイが移りやすいというのがあると思っていて、検索するといくつか対処方法はあるようなのですが、けっこうすぐにニオイはつくので面倒ではあるなぁ‥‥とも思っていたのですね。

幸い、ぼくはレンチン蒸し鶏しか作ってないので、そこまでニオイを気にしたことはなかったのですが。

でも、ダイソーが200円で「シリコンスチーマー」を発売してくれたいま、使い倒してニオイが取れなくなったら買い換えるというのも、現実的にはあり得るなぁ、と思っているところです。

ということで、レンチン蒸し鶏にダイソーの「シリコンスチーマー」はとっても良かったよ、というレポートでした! 糖質制限ダイエットが捗ります!

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数