唐揚げも作ってみたい!鶏肉やブロッコリーをレンチン調理するために角型の「シリコンスチーマー」を買ってみました

B09G2GK9Y5

「シリコンスチーマー」を購入することに至った経緯です。

緩やかな糖質制限ダイエットを開始してから約2ヶ月が経過しました。ランチタイムの主食は鶏肉とブロッコリーです。最初の1ヶ月は耐熱皿でレンチン、次の1ヶ月は鍋で茹でていました。

調理の手間はどちらもそれほど気にはなりません。双方を試してみて最も気になったのは“味”でした。どうも茹でるよりレンチンの方が美味しく感じます。

野菜は茹でると栄養素が抜けてしまうものがあるそうなので、トータルで考えるとレンチン調理の方が良さそうだという結論に至りました。

追記:届いたのでレビューしました → 「シリコンスチーマー」レビュー!いつもの鶏肉&ブロッコリーをレンチンして使い勝手と味を検証 → 気づいたメリット

追記:鶏の唐揚げをレンチンしてみました → 「シリコンスチーマー」3・2・1分!鶏むね肉の唐揚げをレンチンで作ったらどうなったか?

プラスチックかシリコンスチーマーか?

100円ショップに行くと、野菜をレンチンするプラスチック製の容器があります。これも良さそうですが、普段、鶏肉200〜250g、ブロッコリーなど野菜を500gくらい食べるので、どうもサイズ的に小さいです。

さらに友人から「シリコンスチーマーの方が美味しいと思う」というアドバイスを貰ったのもきっかけとなり「シリコンスチーマー」を買ってみることにしました。

調べてみると密閉されるのでシリコンスチーマーの方が美味しいという記事もありました。「ふんわりラップをする」はふんわりとゆるーくラップをかけることではなかったことが発覚して震えている‥‥という記事も書いたのですが、どうもレンチンは密閉するのが大事らしいぞ、と。

「シリコンスチーマー」を探してみた

ある時期に「シリコンスチーマー」を大量に見かけた記憶があり、100円ショップに行けば売っているとばかり思っていたのですが、これが売ってないんです。

ホームセンターにも行きましたが売ってない。浦和パルコの中にあるニトリや無印良品にも行きましたが「シリコンスチーマー」は影も形もありません。どうも「シリコンスチーマー」ブームは去り、取り扱いが減っているようです。

もうこうなったらネットで買うしかないとAmazonで探し当てたのが、この「シリコンスチーマー」です。

35%オフで1,782円はなかなかリーズナブルで良いと思ったのですが、納期は1ヶ月先。でも、この形状と色が良いと思い、注文すると納期が短縮されるAmazonの現象の期待して購入してみました。

案の定、納期が変更され、数日で届くことになりました。ラッキー!

B09G2GK9Y5

蓋の裏側が皿になるといった使い勝手の良さもあるのですが、それより何よりコンパクトに折り畳めるところが良いと思いました。食洗機にも対応。

B09G2GK9Y5

サイズは約24.5 × 14.5 × 高さ8cm、折りたたみ時には約24.5 × 14.5 × 高さ4cmになります。

「シリコンスチーマー」試してレビューします

もしかすると「シリコンスチーマー」は今どきではないのかもしれませんが、糖質制限ダイエットをはじめた自分には神ツールなんではないかと思っています。

鶏肉ばっかり食べているとたまに唐揚げも食べたくなるんですよね。「シリコンスチーマー」でも唐揚げが作れるそうなので、ぜひ試してみようと思います。

レビューをお待ち下さい!

追記:届いたのでレビューしました → 「シリコンスチーマー」レビュー!いつもの鶏肉&ブロッコリーをレンチンして使い勝手と味を検証 → 気づいたメリット

追記:鶏の唐揚げをレンチンしてみました → 「シリコンスチーマー」3・2・1分!鶏むね肉の唐揚げをレンチンで作ったらどうなったか?

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数