2009-06-11_2117.png

ドリコムの内藤社長が自身のブログで最近のTwitterの動向に触れ自身も「プライベート寄って内容」でつぶやいていることを明らかにしました。

本人曰く「相当つまらないと思う」ということですが、さかのぼると最初のつぶやきは2008年11月16日の「改めてfacebookをいろいろ使ってみる」というものでした。

恐らくFacebookとTwitterを間違えていることはないとは思いますが、一瞬「あれ?」と思ってしまいました。

2009-06-11_2100.png

その後、しばらく間が空いて2009年5月くらいから再びつぶやきをスタートしたようです。最近はまた周りのIT社長に影響されてつぶやきも増えているようです。

内藤社長はTwitterが流行りだすのに日本に上陸してからタイムラグがあったことをGoogleやAmazonを引き合いに出して不思議に感じているようです。

恐らくフォロー/フォロワー共に増えてから、さらにしばらくつぶやいていないと楽しさが分からないので、そういう意味ではこれまでのサービスとは分かりやすさ、楽しみ方が違うのではないかと思います。

「やっぱり堀江さん、藤田さん、熊谷さんのこの業界への影響力はすごいな」ということですけど、彼らもここにきてのTwitterの盛り上がりに思わず使ってしまった、という方が近いような気もします。もちろん、彼らに影響されてアカウントを取得する人も多いと思いますが。

それよりも@asahiのファンタジスタっぷりに代表されるように、もちろん朝日新聞という看板を背負っている故はありますが、個人が活躍できるツールがTwitterなのではないかと思います。

そんなことより、2008年はほとんどブログを更新しなかった内藤社長が、急に更新頻度が高くなったり、Twitterでつぶやいている姿を見ると、なんだか嬉しくなります。

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「ツイッター」カテゴリもどうぞ。

■関連エントリー

坂本龍一、Twitterを始める
すがやみつる、Twitterをはじめる
村井純、Twitterを始める
飯野賢治、Twitterを始める
ホリエモン、Twitterを始める
GMO熊谷社長、Twitterを始める
サイバーエージェント藤田社長のTwitterアカウントはなりすまし→本当のアカウントを公開
朝日新聞、Twitterに公式アカウントを開設
モバイルショップ「ビザビ」Twitterを始める
Google、Twitterアカウントを開設
Google AdSenseチームがTwitterアカウントを開設
Yahoo!ショッピング、Twitterアカウントを公式に開設