2013 05 07 1126

Adobeが「Creative Suite」の新製品開発を中止し、今後は「Creative Cloud」に集中することを発表しています。

「Creative Cloud」は2012年4月のサービス開始以来、有償メンバーが50万人、無償メンバーが200万人を超えているそうで、Adobeとしてはここにフォーカスしていく、ということです。

永続ライセンス版「Creative Suite」6製品のサポートと製品提供は継続するものの、新製品の開発は中止するとしています。

Adobeデジタルメディア担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるデイビッド・ワドワーニは次のようにコメントしています。

「1年前にサービスを開始したCreative Cloudはこれまで大成功を収めてきました。我々のエネルギーと才能ある人材をCreative Cloudに集中させることによって、Creative Cloudメンバーに対してより迅速にイノベーションを提供できます」

Adobeのビジネスモデルが、パッケージ販売から定額課金に変わります。

なお、Fireworksはなくなるようです。

■関連記事

米Adobe、Creative Suiteの新機能開発を中止~Creative Cloudへ移行 -INTERNET Watch

Creative Cloud製品のメジャーアップデートの発表に合わせ、主要製品ラインに加えて、30以上のツールやサービス、サブスクリプション制料金プランが発表された。多くの新機能が追加されたAdobe Photoshop CC、InDesign CC、Illustrator CC、Dreamweaver CC、Premiere Pro CC、After Effects CC、Muse CCなどが含まれている。いずれも、Windows、Mac OS X、iOS、Androidから利用可能だ。

グッドバイ、Creative Suite―Adobe、定期課金によるクラウド・モデルに全面移行、CS6は当面販売を続けるものの新規開発は中止 | TechCrunch Japan

Maxカンファレンスの参加者の大部分はここでCS7が発表されるものと思っていたはずだ。ところが意外にもCreative Suiteのブランド名は消えていくことが判明した。新しいCreative Cloudには今までのようなバージョン番号は付かない。これにともなって当然ながらAdobeのビジネスモデルも一変する。箱入りのソフトウェアやダウンロードのライセンスを売ることはなくなり、完全に定期課金モデルが取って代わる。