スポンサードリンク

【Apple Watch】「watchOS 7.3」で心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能が日本でも利用可能に

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Apple watch ecg 202101

Appleが「Apple Watch」向けの最新OS「watchOS 7.3」で、心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能が日本でも利用可能になると発表しています。

スポンサードリンク

心電図アプリケーションが「iOS 14.4」と「watchOS 7.3」のリリースによりApple Watch Series 4・5・6で日本でも利用が可能になります。

消費者向け製品として初めて、ユーザーが手首の上で心電図を記録することを可能にし、心拍リズムを記録、重要な情報を医師に共有できるようになります。

Apple Watch Series 3以降で利用できる不規則な心拍の通知機能は、バックグラウンドで心拍リズムを時折チェックし、心房細動(AFib)の兆候がある不規則な心拍リズムを特定した場合に通知をします。

心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能により、不整脈に最も多い心房細動(AFib)の兆候を検知するために役立ちます。心房細動は、治療をせずに放置すると、世界で2番目に多い死因である脳卒中につながる恐れがあります。

ある程度の年齢になったら、Apple Watchは必須アイテムかもしれませんね。ただ、もっとバッテリーの持ちがよくなって欲しいんですよね。そんなに機能は要らないので、、少なとも5日間くらいは充電無しで使えるようになって欲しいです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Apple、サポート動画「これまで使っていたiPhoneから新しいiPhoneにデータを転送する方法」公開

次へ

ジェットスター、関西空港−高知など運休中の6路線を廃止