ミニブログ大手の米ツイッター、企業価値10億ドルに成長 米メディアという記事より。

米メディアは24日、ミニブログ大手の米ツイッターの企業価値が10億ドルに達したと報じた。

ツイッターの企業価値が10億ドル、つまり約900億円に成長したとアメリカで報じられています。

記事にもある通り「事業開始から3年余で収益モデルも固まっていない」という状態ですから、すごい話です。

オバマ米大統領をはじめ、世界で5000万人以上の利用者を集めた実績と将来性が評価されたようだ。

もはや一部の人にとっては、なくてはならないサービスになっているのではないでしょうか。一時はmixiもそう感じられたのですが、個人的にはそれがツイッターに移っている感じです。

この先、どんなサービスがツイッターに取って代わるのか、という興味もありますが、これだけなシンプルなサービスを上回っていくのは簡単ではないかもしれません。

同日の米ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、ツイッターは米資産運用会社のTロウ・プライスやインサイト・ベンチャー・パートナーズなどから合計1億ドルを近く調達。

資金調達も順調ということです。

ツイッター 140文字が世界を変える (新書)

4839933162

Masato Kogure (kogure) on Twitter
#ネタフル「ツイッター」カテゴリもどうぞ。

■関連エントリー

「Twitter」がSNSにもなっていることに気づいた
「Twitter」サイドバーにヤバい検索機能が追加
情報ソースとの距離感がやや変わってきた件
TwitterとTumblrのフォローが止まらないのですが、これがキャズムを超えるってことですか?
「Twitter」はブログでもありメッセンジャーでもありRSSリーダでもある?
「Twitter」つぶやきを"非公開"から"公開"にした件
そういえば「Twitter」を使いはじめてから2年経過