ワンジル退社へ おとがめなしで騒動に決着という記事より。

北京五輪男子マラソン金メダルのサムエル・ワンジル(21=ケニア)がトヨタ自動車九州を退社することが決まった。

マラソンを志望し、会社の方針と違ってしまったために弁護士を通じて退社届けを出していた北京オリンピックマラソン金メダリストのワンジルの退社が認められることになりました。

マラソン専念を希望し、7月下旬に一方的に退社届を送付したが、25日に陸上部の森下監督と電話で話し合い合意。

金メダリストですから会社としては慰留したいところだったでしょうが、揉めてイメージが悪くなるのは得策ではない、という判断もあるかもしれません。

「意思を尊重して退社の手続きに入ります。ペナルティーを科すことはない」とトヨタ自動車九州広報部。

ワンジルが帰国、日本でのV会見は中止によれば、ケニア大統領主催の祝賀会に招待されたため、北京からケニア選手団のチャーター機で帰国するそうです。日本での優勝報告会は中止となりました。

■関連記事

ワンジルがケニアへ帰国 男子マラソンで金

ケニア選手としてマラソンで初の金メダリストとなったワンジルは日本の高校、社会人チームで育ち、26日に大阪で優勝報告会見をする予定だったが、中止となった。