Motoya 0011156

1998年、アメリカをバスで横断し辿り着いたのはニューヨーク。そこで出会い、1カ月ほどを共に過ごした仲間が赤羽に居酒屋をオープンすると聞きつけ、試食会に参加してきました! その店は「丸鶏 もと家」です。

場所的には赤羽岩淵駅が近いですが、赤羽駅からも徒歩6〜7分くらいだと思います。繁華街を北の方に抜け、ちょっとした住宅街の中にひっそりとありました。

ニューヨークで知りあった友人、ウォンさんです。

Motoya 0011194

昔はシャープでしたが、かなり丸くなりました(お互いに)。そんなウォンさんが、韓国で修行した丸鶏を日本風にアレンジして提供するのが「丸鶏 もと家」です。

Motoya 0011161

この日の午前中に完成したという店内です。テーブル席が二つ。4〜5人くらいで座るとちょうど良いかな?

Motoya 0011160

座敷席もあります。家族連れ、ウェルカムだそうです。

ビールは‥‥

Motoya 0011163

プレミアムモルツ!

料理が出てくるよりも早くビールを飲み干し、これを飲んでみてよと出てきたのがマッコリです。

Motoya 0011164

恐らく、日本ではあまりお目にかかることができないタイプのマッコリだと思いますが、ふりすぎると炭酸が大変なことになので注意!

Motoya 0011165

小さなヤカンでマッコリを頂くのが韓国流です。このマッコリ、実にヤバいタイプです。飲みやすすぎます。一人で一本は軽く飲めます。この日、9人で10本は飲みましたね。

Motoya 0011166

岩塩と酢。鶏につけるのですよ。鶏鍋に酢、初体験です。

さらに‥‥

Motoya 0011170

自家製の辛い味噌にマスタード。マスタード!?

先に書いてしまいますが、自家製味噌が美味いのは言うまでもないのですが、酢とマスタードも美味しかったのですよー。

マスタードと鍋‥‥と思われるかもしれませんが、これは是非とも一度は試して欲しい組み合わせです。

そして、ウォンさんが朝から仕込んでいたという‥‥

Motoya 0011167

丸鶏、キターーーーーー!

Motoya 0011169

丸ごと1羽です。サイズは大と小があり、これは小さい方だったかな? 二人で食べるとちょうど良さそうですよ。

Motoya 0011171

これがじっくりと煮込まれていて、もう箸でほろほろとほぐれていくのですよ。

今後は変わるかもしれませんが、この日は長ねぎだけ入っていましたよ。

Motoya 0011172

長ねぎと鶏の相性、抜群。これはもうスープの勝利ですね。濃厚のようでいてさっぱり頂けます。もう、ぐいぐい飲める。

そこに辛味噌を足したり、マスタードを入れたり、酢を投入したりしながら、様々な味わいも楽しめます。丸鶏、うめえっす!!

Motoya 0011173

途中で出てきたキムチ。鶏と一緒に食べてもOKです。もちろん、そのままでも美味しい。

Motoya 0011174

そしてチャンジャ。もう、マッコリも進みまくりです。

4人で1羽だとあっという間でして、すぐに次の丸鶏が投入されてきました!

Motoya 0011175

美味しいよ、丸鶏。なかなか家で丸ごとを炊くなんてことはできないですからねぇ。骨ごとかぶりついたりして、もう旨味を食べ尽くしましたよ。

Motoya 0011176

写真を見ているだけで、あの味が甦ってくるよ‥‥。

Motoya 0011179

韓国ではこのような一味唐辛子が投入された状態で出てくるのだそうですが「丸鶏 もと家」では、このあたりはお好みで調整できるようになっています。

もちろん、一味唐辛子を入れても美味しいですし‥‥

Motoya 0011178

福岡名物の「YUZUSCO」を入れたって美味しいんだ!!(ウォンさんは福岡出身なので、その縁で「YUZUSCO」です)

そうなんです「丸鶏 もと家」では「YUZUSCO」で鶏鍋が頂けるのですよ〜。この鶏鍋は柚子胡椒との相性も抜群です。

そして、鍋はいよいよ〆に。

今回は試食会なので、みんなの意見を聞きたいということで、4種類の〆を頂きました。

Motoya 0011181

最初は餅を玉子でとじたもの。

Motoya 0011183

一味唐辛子をパラパラっとやって、これも非常に美味しかったです。鶏のスープを餅が吸収していて、本当に美味。

続いて出てきたのが‥‥

Motoya 0011184

乾麺!

というか、インスタントラーメンですね。しかし、インスタントラーメンと侮るなかれ、程よく丸鶏のスープを吸っていて、これが美味い。

韓国では鍋の〆にインスタントラーメンを投入すると聞いたことがありましたが、なるほど、こういうことだったのですね‥‥。ヤバいです。

Motoya 0011186

定番の雑炊も頂きました。やはりこれもスープの勝利なのですが、もちろん美味いです。

Motoya 0011187

さらには冷麺の麺まで!!

ということで、いろいろな〆のメニューを体験したのですが、みんなで選んだのは‥‥乾麺でした!!!

いや、これは本当に侮れませんよ。意外性もあるのですが、それ以上に本当に美味しかったです。丸鶏を食べ尽くした後に辿り着く鶏スープのラーメン、もう極上ですよ。

韓国では「ちょっと鶏を食べに行くか」という感じで、この丸鶏の鍋を食べに行くそうです。そんな風に、みんなが丸鶏を食べに来てくれたら嬉しいな、とウォンさん。

サービス精神旺盛で、なんとテーブル席には‥‥

Motoya 0011188

電源が! 携帯電話を充電してくださいね、だそうです。

メニューに関しては今後、変わって行く可能性はありますが、丸鶏鍋というのは揺らがないところだと思います。ぜひご近所の方は食べに行ってみてください!

ちなみに、

丸鶏(小):2,600円
丸鶏(大):3,000円
マッコリ(ヤカン):1,800円

だそうです。間違いなくこれは丸鶏(大)だなッ。

「丸鶏 もと家」は2012年1月17日よりオープンです!!

丸鶏 もと家

電話:03-5939-9792
住所:東京都北区赤羽1-49-5


大きな地図で見る