スポンサードリンク

「志村けんのだいじょうぶだぁ」再編集した10本をYouTubeで公開へ → 収益は医療従事者支援のため寄付へ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「志村けんのだいじょうぶだぁ」再編集した10本をYouTubeで公開へ → 収益は医療従事者支援のため寄付へ

2020年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した志村けんの所属事務所であるイザワオフィスが、1987年から放送された「志村けんのだいじょうぶだぁ」を再編集し、YouTubeに投稿することを発表していました。

スポンサードリンク

「志村けんのだいじょうぶだぁ」 動画公開のお知らせとして発表されています。

イザワオフィスでは、1987年〜1996年にテレビで放送された「志村けんのだいじょうぶだぁ」を再編集し、令和2年4月18日 午前7時より、弊社YouTubeチャンネルにて、動画全10本を順次公開いたします。

公開されるのは「志村けんのだいじょうぶだぁ」を再編集した10本です。既に#1が公開されています。

昭和のコントが懐かしいです。昭和らしいおおらかさというか、今だと放送できないだろうなぁ、という内容も確かにあります。

そもそもイザワオフィスでも「諸事情により、テレビなどで目にしていただく機会がなく、今後についても、残念ながら限りなくゼロに近い状況」と説明しているのですが、恐らく薬物で何度も逮捕されている田代まさしが出演しているからなのでしょうね。

しかし、その制約もYouTubeでは受けない、と。

さらにイザワオフィスでは「志村けんを失った弊社が、社会に対して何を発信し、最前線で働く医療従事者にどのような支援ができるのかを検討」し「本コンテンツから得られる収益を、諸経費を除いた上で、日本赤十字社に全額寄付」することにしたそうです。

#1は広告なし動画で、#2〜#10は広告ありの動画となるとしています。

志村けんと共演者、制作スタッフが作り上げた「本来であれば処分されるのを待つのみ」であった本作品群が、新型コロナウイルスと戦い続ける世界各地の家庭を明るくする⼀助となり、寄付により日本赤十字社の諸活動が、より多くの方々を助けることを、弊社スタッフ⼀同、願っております。

そうですよね。ほぼこのまま誰の目にも触れることなく消えていくはずだった作品群が、また人を楽しませ、そして収益を生んで医療従事者の役に立つことになったのですね。

IZAWA OFFICE / イザワオフィス - YouTubeからチャンネル登録することができます。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【松屋】20年以上眠っていた牛めし並盛3倍量の肉が食べられる「お肉どっさりグルメセット」1週間限定で発売(4/28まで)

次へ

Amazon「iPhone関連製品ストア」新しいiPhone SE向けケースやフィルムが登場