スポンサードリンク

読み取り速度が従来機比1.5倍!QRコード付き乗車券に対応した新しいQRコードリーダーが開発

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

読み取り速度が従来機比1.5倍!QRコード付き乗車券に対応した新しいQRコードリーダーが開発

株式会社デンソーウェーブ とJR東日本メカトロニクス株式会社が、共同で自動改札機などにおけるQRコード付き乗車券への対応を可能とした新しいQRコードリーダーを開発したと発表しています。

スポンサードリンク

新しいQRコードリーダーは、読み取り速度と読み取り範囲が向上、拡大しています。

従来製品と比較して読み取り速度が約1.5倍に、読み取り範囲は約2倍に向上しています。

読み取り速度が従来機比1.5倍!QRコード付き乗車券に対応した新しいQRコードリーダーが開発

幅80mm×奥行120mm×高さ50mmと、読み取り速度や読み取り範囲を向上させつつ、自動改札機に組み込めるサイズへと小型化も実現しています。

スマートフォンのディスプレイに表示させたQRコードについても、紙に印刷したQRコードと同等の読み取り速度で処理を行うことが可能となるそうです。

読み取り速度が約1.5倍になることで、歩きながらQRコードをかざした際に、スムーズな自動改札機の通過が実現されます。

自動改札にQRコードは読み取りスピードに難ありと言われていたと思いますが、しっかりとスピードアップすることができるのですね。

印刷したQRコードだけでなく、スマートフォンに表示したQRコードでもサクサク入場できるとなると、スマホ決済でQRコードに慣れた民には便利なシーンが増えるかもしれませんね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「Apple Watch整備済製品」Apple Watch Series 5【2020年9月14日】

次へ

【やよい軒】“だし茶漬け”が楽しめる無料の「だしサービス」9月17日より開始