動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

ユーザー参加型のランキングコミュニティ「みんなのランキング」が「動画配信サービス(VOD)」についてアンケート行い、全体の利用率や契約中のサービス・それぞれの満足度などの調査結果を公開しています。

調査概要

調査方法:インターネット上でのアンケート調査
期間:2020年5月21日~2020年5月28日(複数回にわけて実施)
回答者数:3,864人(サービス契約の2択)、1,039人(サービスの利用者数・満足度)、1,447人(サービスの重視するポイント)
回答者居住地:日本全国
回答者年齢:15歳以上(回答はできるだけ全世代均等になるように実施)

最も利用者数が多いサービスは?

調査によると、動画配信サービスの利用率は26.9%です。年代別では、最も利用率が高いのは20代の37.4%です。

最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオです。

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

次いでNetflix、U-NEXT、Huluと続いていきますが、Amazonプライム会員の特典だけあって、Amazonプライムビデオが圧倒的です。

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

満足度が高いのはDAZNで、ここでしか観られないスポーツがあることを考えても納得です。

アニメ作品に絞っているという意味で、dアニメストアも満足度が高いので、専門性の高いチャンネルは満足度が高くなるかもしれません。

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

重視するポイントは料金、そして作品数。いくら充実していても高ければ満足には繋がりません。

Amazonプライム会員なのでAmazonプライムビデオは普通に使っていますが、それ以外だとNetflixに課金しています。オリジナル作品が面白いです。

Amazonプライムをチェックするならコチラからどうぞ。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数