スポンサードリンク

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

ユーザー参加型のランキングコミュニティ「みんなのランキング」が「動画配信サービス(VOD)」についてアンケート行い、全体の利用率や契約中のサービス・それぞれの満足度などの調査結果を公開しています。

スポンサードリンク

調査概要

調査方法:インターネット上でのアンケート調査
期間:2020年5月21日~2020年5月28日(複数回にわけて実施)
回答者数:3,864人(サービス契約の2択)、1,039人(サービスの利用者数・満足度)、1,447人(サービスの重視するポイント)
回答者居住地:日本全国
回答者年齢:15歳以上(回答はできるだけ全世代均等になるように実施)

最も利用者数が多いサービスは?

調査によると、動画配信サービスの利用率は26.9%です。年代別では、最も利用率が高いのは20代の37.4%です。

最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオです。

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

次いでNetflix、U-NEXT、Huluと続いていきますが、Amazonプライム会員の特典だけあって、Amazonプライムビデオが圧倒的です。

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

満足度が高いのはDAZNで、ここでしか観られないスポーツがあることを考えても納得です。

アニメ作品に絞っているという意味で、dアニメストアも満足度が高いので、専門性の高いチャンネルは満足度が高くなるかもしれません。

動画配信サービスの利用状況調査、最も利用者数が多いのはAmazonプライムビデオ

重視するポイントは料金、そして作品数。いくら充実していても高ければ満足には繋がりません。

Amazonプライム会員なのでAmazonプライムビデオは普通に使っていますが、それ以外だとNetflixに課金しています。オリジナル作品が面白いです。

Amazonプライムをチェックするならコチラからどうぞ。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【Kindleセール】1万冊以上の小説やラノベが50%ポイント還元「講談社 フィクションキャンペーン」(6/11まで)

次へ

腰痛の時に欲しい!寝転んだままパソコン作業ができるフレキシブルパソコンデスク「X5Pro」