「魔少年ビーティー」の60年後が描かれる「魔老紳士ビーティー」が「ウルトラジャンプ 2021年11月号」に掲載

B09HQMQCFR

「魔少年ビーティー」は1982〜1983年に週刊少年ジャンプに連載された、荒木飛呂彦のマンガです。真っ直ぐな主人公が多いジャンプ作品の中で、ダークで陰のある主人公が登場する「魔少年ビーティー」に妙に惹かれ、単行本も購入し、今も大事に取ってあります。

そんな「魔少年ビーティー」の60年後が描かれるという、その名も「魔老紳士ビーティー」が、2021年10月19日発売の「ウルトラジャンプ 2021年11月号」に掲載されているというではありませんか!

「ジョジョの奇妙な冒険」の公式Twitterアカウントがこんなツイートをしていました。

原案は荒木飛呂彦先生、そして原作は「化物語」シリーズや「掟上今日子」シリーズで知られる小説家の西尾維新氏、さらに作画は「約束のネバーランド」の出水ぽすか氏となっています。

奇跡のタッグでお届けする
#魔少年ビーティー の60年後!!
変わらぬ友情! 仕掛け満載!!
魔老紳士ビーティーが挑む事件とは?

とりあえずKindleで購入すればすぐに読めるのですが、やはり紙の雑誌として手元に置いておきたい‥‥ので、書店で探してこようと思います!(ネット書店は既にプレミアム価格)

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数