スポンサードリンク

「8番らーめん 魚津店」疲れた身体に染みる優しいラーメン【富山】

スポンサードリンク

8番らーめん 富山

魚津駅前で痛飲してしまったんです。そんな二日酔いの身体に優しくしみたのは、富山県民が愛するという「8番らーめん」でした。

「8番らーめん」は石川県発祥のラーメンチェーン店で、北陸3県にまたがり展開しています。国道8号沿いで創業したことから「8番らーめん」と名付けられたそうです。

1967年創業の「8番らーめん」は、50年以上の歴史を誇ります。

スポンサードリンク

「8番らーめん」は素朴で身体に優しい

これまで何度も富山は訪れていたので、富山のラーメンと言えば「富山ブラック」だけでなく「8番らーめん」があることも知っていました。

むしろ富山県民が日常的に通っているのは「8番らーめん」の方かもしれませんね?

恐らく関東で言うところのくるまやラーメンとか、日高屋とか、幸楽苑みたいなラーメンチェーン店ではないのかな‥‥と思うのですが、合っていますでしょうか。

いずれにせよ、富山の人が愛するラーメンと聞いていたのですが、観光取材で訪れてもなかなか足を運ぶ機会がなかったのですね。

でも、ずっと食べてみたいとは思っていました。今回、ようやくそのチャンスがやってきたのです!

8番らーめん 魚津店

宿泊していたホテルからすぐのところに「8番らーめん 魚津店」はありました。ちょっとしたファミレス風。これなら家族でも訪れやすいです。

8番らーめん メニュー

二日酔いということもありますし、初めての訪問ですし、ここは最もベーシックな「中華麺」をチョイスさせて頂きます。

魚介風味豊かな醤油味、530円(税別)です。

そして10分ほどして出てきたのが、こちらのラーメンです。

8番らーめん 正油ラーメン

はわわわわわ。

海苔に少量のネギ、懐かしい感じのチャーシューに8番ラーメンの「8」が入った蒲鉾! そしてメンマ!

なんだかとっても懐かしい感じのラーメン、中華そばですね。

8番らーめん 正油ラーメン 1

スープを一口飲むと、まさに二日酔いの身体に染み渡っていく優しい醤油味。これは食べ飽きないですし、小さい頃から食べていたら、大好きな地元の味になるのは間違いないですねぇ。

8番らーめん 縮れ麺

いかにもな感じの縮れ麺もグッド。量も多すぎず、少なすぎず、適量。お腹が空いている時だったら、半チャーハンくらいつけるとちょうど良さそうです。

やっと、富山県民の愛する「8番らーめん」を食べることができました! 美味しかったです。ごちそうさま!!!!

「8番らーめん 魚津店」住所と予約

>>8番ラーメン 魚津店 (はちばんらーめん【旧店名】八番麺屋) - 電鉄魚津/ラーメン [食べログ]

住所:富山県魚津市上村木2-3-33

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

Googleロゴ「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」適当に音符を並べるとAIがまさかのバッハ調アレンジを敢行

次へ

【楽天市場】最大ポイント43倍の「お買い物マラソン」でさらにお得に買い物する方法