4344423275

覚せい剤で逮捕された清原和博に、高校時代からの盟友、桑田真澄がメッセージを送っています。「人生には代打もリリーフもいない。自分の人生でもきれいな逆転満塁ホームランを打ってほしい」ちょっとグッとくるメッセージです。3年前“決別”も…桑田氏、清原容疑者更生願う「人生の逆転満塁弾を」という記事になっていました。

元巨人で野球評論家の桑田真澄氏(47)が4日、PL学園時代からの盟友で、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された清原和博容疑者(48)についてコメントし、更正へのエールを送った。

記事によると、5年ほど前から桑田は清原に「いろいろ噂が出るのはよくない」と注意をしていたのだそうです。しかし、清原は「一切関わらないでくれ」といい、3年前から交友は途絶えてしまったのだとか。

桑田も心配していたのですね。しかし、清原は心配してくれていた人たち全てを裏切ることになってしまいました。そんな清原に、桑田は「人生には代打もリリーフもいない」とメッセージ送っています。

そう。どんなにすねてみたところで、自分の代わりは自分しかいません。薬物依存を抜けだすのは簡単ではないと思いますが、ぜひ「逆転満塁ホームラン」を見せて欲しいですね。

■関連記事

清原容疑者 TVでの完全否定が捜査員に火「調子に乗ってるなよ」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

清原容疑者がフジテレビ「ダウンタウンなう」に出演。浜田雅功(52)から薬物疑惑について問われ「風邪薬はやったが、(薬物を使ったことは)ない」ときっぱり否定した。この模様を見ていた捜査関係者は「調子に乗ってるなよ」と吐き捨てた。