Pizza 5056

茨城の友人宅でピザ窯を作る手伝いをしてきました! ピザ窯製作の所要時間は約2時間です。レンガを積むだけだったので、思いの他、簡単にピザ窯が出来てしまいましたよ。ピザ窯の作り方をご紹介しますね。

DIYしてみよう!ピザ窯の作り方

ピザ窯というと、モルタルで固めるなどして、手間や時間がかかることがイメージされますが、友人調べにより、とりあえずはレンガを積むだけで大丈夫とのことだったので、サクッと作ってみました!

準備や工程は以下の通りとなります。

【必要材料】
■耐火レンガSK32(65×114×230) 113個
■透水平板(60×300×600) 5枚
■コンクリートブロック(土台用) 32個

追記:実際に使用したのは「耐火レンガSK34(より高温に耐える)」「耐火レンガのサブロク平板(300×600×65)」でした。材料の質の問題なので、どちらでも製作可能です。

【道具・工具】
■グラインダー(レンガ切る用)
■水平器(あれば)

【その他】
■ピザ窯のフタ(木材かレンガで製作)
■今後の雨対策(蓄熱した状態で雨がかかるとレンガに亀裂が入る恐れアリ)
■ピザピールも欲しいですね。

【工程】
■レンガをカットする(ハーフサイズ9個 195サイズ6個)
■土台ブロックを水平に積む
■図の通りレンガと平板を積む、以上

これを茨城在住の友人がネット通販や近所のホームセンターを利用し、購入しました。全部込みで5万円弱だったそうです。

設計図は以下の通りです。

2012 12 12 1419

今回、ピザ窯の設計をしたのは @daidaiiroo です。

ピザ窯を作る様子を写真で紹介

それでは、実際にピザ窯を作る様子を写真でご紹介します。

Pizza 5003

これが使用するレンガとコンクリートブロックです。重みで軽トラックのタイヤが土中にめり込みました。

Pizza 5004

まず、ピザ窯を設置する場所を整地します。ピザ窯は80cm x 80cmのサイズです。

Pizza 5005

全ての草を取り払います。

Pizza 5006

整地が完了したら、踏み固めて地ならしします。

Pizza 5007

地ならしが完了したら、まずは土台となるコンクリートブロックを置いていきます。

Pizza 5008

いちおう、なんとなく水平も取りました。

Pizza 5010

4段のコンクリートブロックを積んで、ピザ窯の土台は完成です。

Pizza 5011

縦横で積むと完全に一致するサイズではなかったので、微妙に隙間などで調整しました。

Pizza 5012

続いて、耐火を積んでいきます。

Pizza 5015

並行して、透水平板を置いた際に足となる耐火レンガの長さを調整するために、グラインダーでカットする作業を行ないます。

Pizza 5018

グラインダーの歯の長さでカットしきれない場合は、ノミのような道具を使ってカットすると良いです。

Pizza 5016

まずは一段目、薪を燃やす場所の耐火レンガが積めました。

Pizza 5019

透水平板を並べ、内側をカットした耐火レンガで支えます。

Pizza 5020

ちょっとピザ窯っぽくなってきました。

Pizza 5021

続いて2段目を積みます。ここはピザを焼くところです。

Pizza 5023

上部に透水平板を設置し、ピザ窯製作は完了です!

Pizza 5024

基本的には耐火レンガを積むだけですので、難しい作業はありません。

Pizza 5025

ここまで3人で約2時間ほどの作業でした。初めてのことなので、少し時間がかかったと思います。慣れれば1時間〜1時間半くらいで作業ができるようになる気がします。

いかがですか?

思っているより簡単だと思います。ぜひ、あなたの家にもピザ窯を!

ピザ窯でピザを焼いてみる

それでは、ピザ窯でピザも焼いてみます!

Pizza 5026

ホームセンターで購入してきた薪を入れます。

Pizza 5028

着火!

Pizza 5029

意外と簡単に火は着きました。

Pizza 5030

この状態で、1時間くらい放置します。ピザ窯を温める作業です。温まってくると天板や周りの耐火レンガが熱くなってきます。

Pizza 5031

青空とピザ窯。

Pizza 5035

ピザを焼くところは、こんな感じで余った耐火レンガで塞いでおくと、より早くピザ窯を熱することができると思います。

Pizza 5036

続いてピザの準備です!

Pizza 5037

ビザ生地は友人が準備してくれていました。

Pizza 5038

シンプルにトマトソースのピザを作ります。

1時間ほどするとピザ窯が熱くなりますので、いよいよピザを焼きます。本当は温度計があれば良いのですが、こんなもんだろうということで勘でやりました。

Pizza 5039

キッチンシートに載せ、ピザをピザ窯に投入します。この際、ピザ窯は大変熱くなっているので、長いトングなどがあると良いです。

Pizza 5040

これは木の棒とステンレスの板で @daidaiiroo が自作した"ピザを取り出すスコップみたいなもの"です。

Pizza 5041

途中、ピザの様子を見て、裏側がカリッとしてきたらキッチンシートを外しておきます。

Pizza 5042

で、待つこと2分ほど!

Pizza 5044

ピザが焼けました!

超早い!!!

Pizza 5045

試作ピザ第1号です!!

チーズがトロトロになってますね〜。

Pizza 5046

上はもちもちしていて、裏側はカリカリで、このピザは本当に素晴らしいピザだと思いますよ!!

Pizza 5047

あっという間に食べたので、次のピザを作ります。

Pizza 5048

また2分で焼けた!

Pizza 5049

美味しい、美味しい!!

ピザの美味しさを、改めて知りました。ピザ窯で焼くピザ、これは超クセになりますね。間違いないです。

ピザ窯でパンも焼いてみる

ピザを焼いた後、ピザ窯の温度が下がってきたら別のものにも挑戦します。

Pizza 5051

せっかくなので、パンも焼いてみました。

Pizza 5052

どうっすか!

Pizza 5053

外はカリカリ、中はもちもち、ハイジの白パンみたいなのが焼き上がりました!

Pizza 5055

これまた上出来でしたよ。いきなり焼いてみたにしては、ものすごくよくできたと思います。

まずは、ピザ窯製作は大成功でした。命名「つむだけピザ窯」です。簡単に作れます。

ただ、倒れると危険といった安全性の問題がありますので、いずれはモルタルで固定する方向で考えています。今回、試しに作ってみたことで、もう少し小型化できる方向性も見えました。

小型化すればスペースも小さくて良いですし、何より材料代も安くなりますからね。いずれ、作り直しをしたいと思っています。

広めのスペースがある家にお住まいの場合は、ぜひピザ窯にチャレンジしてみてください!

追記:ピザ窯を自作、久しぶりピザを焼いてきた!という記事も書きました!