Google、7億5千万ドルで携帯広告ネットワークのAdMobを買収というエントリーより。

GoogleはさきほどAdMobを$750M(7億5千万ドル)で買収したことを発表した。AdMobは携帯電話、特にiPhoneで大きなシェアを占める広告ネットワークだ。Sequoia Capital、Accel Partnersなど初期の投資家にとっては大勝利の日となった。

Googleが携帯電話向けのアドネットワーク「AdMob」を7億5千万ドルで買収したことを発表しています。大型買収ですね。

Googleはウェブサイトを開設してAdMob買収のメリットを説明している。急成長を続けているが、まだごく初期段階の携帯広告市場について詳しく解説している他、iPhoneやAndroidでGoogleが主に扱ってきた携帯広告(検索)とAdMobの携帯広告(アプリケーションへのバナー広告)を違いを下のような図で示している。

「AdMob」ではiPhoneアプリにも広告を配信しているのですが、そこもGoogleが押さえるということになるのですね。

携帯電話向けアドネットワークというよりは、スマートフォン向けに注力したい、ということなのかもしれませんね。Feedburnerのように、いずれAdSenseに統合されるのでしょうか。

GoogleがAdMobを7億5千万ドルで買収!:Alternative 笑門来福というエントリーでも詳しく分析されています。

今回の7億5千万ドルという金額は、日本の上場企業の時価総額(11月9日現在)で言うと、サイバーエージェント(744億円)、ワタミ(722億円)、吉野屋(694億円)、アスクル(679億円)などに匹敵する金額です。

熱いですねぇ、スマートフォン。