スポンサードリンク

「楽天ポイント」累計発行ポイント数が2兆ポイントを突破と発表

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「楽天ポイント」累計発行ポイント数が2兆ポイントを突破と発表

楽天が提供する「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が、2兆ポイント(1ポイント1円相当)を突破したと発表しています。

スポンサードリンク

「楽天ポイント」は2002年に「楽天市場」内で使えるポイントとしてサービスを開始し、その後、ほかの楽天グループサービスや提携サービスで貯めたり使ったりできるポイントへと進化してきました。

1兆ポイントを突破したのは2017年で、ここから2年でさせに1兆ポイントが上積みされました。「キャッシュレス・消費者還元事業」や「マイナポイント事業」の影響があるということです。

買物などでポイントが貯まり、それをまた買物で使うという、入口と出口がうまく「楽天ポイント」で攻略されています。近年では「楽天ペイ」でもポイントが利用できるようになっています。

スマホ決済が還元合戦をしている時にも大きくは乗らず、しかしアンケート調査を実施すると地味に利用者が多かった「楽天ペイ」だったのですが、まさに「楽天ポイント」という土台があったからなんですよね。

あれだけ「LINE Pay」と「PayPay」を使っていましたが、最近は「楽天ポイント(楽天ペイ)」と「メルペイ」を使うことが多いです。

還元率がさほど変わらなくなると、より入口が多い(ポイントや残高が貯まりやすい)スマホ決済がメインとなってきました。

特にメルペイはiD決済もできるので、これが意外に重宝しています(スマホ決済「メルペイ」の使い勝手が意外に良いことに気づいた話)。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「TILE Apple Watch Band Case」Apple Watch Series 6/5/4/SE向けのケース一体型Apple Watchバンド

次へ

一番うまい「焼肉チェーン店」ランキング1位は「叙々苑」