ファクトシート 冬に多い血圧上昇や脱水による入浴事故という記事より。

寒い季節には、入浴中の死亡事故が増加することが知られています。11~2月にかけての入浴中の事故の発生数は、年間の6割以上を占めると報告されています。その理由として推測されているのが、急激な温度の変化による体への悪影響です。

冬場に38度だとぬるい感じもしますが、

38℃と42℃のお湯につかった場合の血圧の変化を比べると、42℃の場合は、入浴直後に収縮期血圧が40mmHg以上も一気に上昇し、その後、5分程度で30mmHg程度も下降します。一方、38℃の場合は、入浴前後で血圧は安定しています。

ということだそうです。うー、あちー、あちちちち、ってのはあまり良くない?

「脱衣所の温度が低いほど、浴室への出入りの際などに血圧変化が大きくなっています」ということで、脱衣所・浴室をあらかじめ暖めておく、というのも良さそうです。ぼくは入浴の後に水分補給するようにしています。