iPhoe, iPod touch v1.1.1もクラックに成功、独自アプリも起動というエントリーより。

ファームウェアアップデート v1.1.1でサードパーティーアプリを締め出したiPhoneですが、先日見つかった脆弱性を利用するハックが早くも完成、新ファームウェアにあわせて再コンパイルされたソフトウェアの動作が確認されました。

すげー。ついに「iPod touch」でも、サードパーティー製のアプリケーションを動かせるようになったみたいです。ただし、Safariの脆弱製を利用するという裏技で。

これを実行すると何が起こるか分かりませんので、あくまでも自己責任でお試し下さい。

「素人でも楽に適用できるチュートリアルやツールの登場はこれから」ということなので、じっくりと推移を見守っても良し、Appleから公式な方法がアナウンスされるのを待つも良し。

とはいえ、こうしてさまざなアプリケーションが動作している画面を見るのは楽しいものですねぇ。

しかしAppleがアプリケーションのインストールを許可しないのは、動く/動かないというサポートをするのが大変なのかな、という気がします、これだけさまざなアプリケーションがあると。

特に「iPhone」のユーザは幅広いですから、端末の問題なのか、アプリケーションの問題かの切り分けができずに、サポート領域が広くなる、というのはあるのではないでしょうか。

そのあたりの切り分けがうまくできるようになると、「iPhone/iPod touch」でのソフトウェアのインストールが許可されるのかもしれません。

Apple Store(Japan)