スポンサードリンク

「GPPLTE」ソフトバンクiPhone 5のSIMロック解除に成功【使い方】

スポンサードリンク

「GPPLTE」ソフトバンクiPhone 5のSIMロック解除に成功

iPhoneのSIMロックを解除するSIM「GPPLTE」を購入して試してみました。

本当にSIMでSIMロック解除ができるのだろうか? と半信半疑だったものの、結果としてはソフトバンクで購入したiPhone 5を無事にSIMロック解除することができました!

しかも手順は超簡単です。これなら誰でもSIM解除ができるのでは‥‥という簡単さでありました。ただし、試す方は自己責任でお願いしますね!

スポンサードリンク

「GPPLTE」とは?

「GPPLTE」はSIMロック解除するためのSIMです。SIMスロットに挿入し、ICCID(SIMカードの固有の識別番号)を編集することで、簡単な手順でSIMロック解除を実現します。

対応機種

SoftBank/au/docomo/UQmobile/YmobileのiPhone

iPhone XS / iPhone XS Max/ iPhone XR / iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone 6 / iPhone 6 Plus / iPhone SE / iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5

対応OS

iOS 7、iOS 8、iOS 9、iOS 10、iOS 11、iOS 12、iOS 12.0.1、iOS 12.1、iOS 12.1.1、iOS 12.1.2、iOS 12.1.3、iOS 12.1.4

対応SIM

OCN、DMMモバイル、mineo、LINEモバイル、IIJmio、biglobe、FREETEL、イオンモバイル等の格安MVNO-SIMカードでご利用いただけます(au系シムはサポート対象外)。

ソフトバンクiPhone 5をSIMロック解除してみる

今回、SIMロック解除を試したのは家で眠っていたソフトバンクで購入したiPhone 5です。もともとSIMロック解除対象ではありませんでしたし、長いこと自宅で眠り続けていました。

対応機種はiPhone 5以降、iOS 7以降ということだったのですが、こんなに古い機種でもSIMロック解除できるのかな‥‥と疑問を抱きつつ試したところ! 成功!

以下のような手順で実行しました。「GPPLTE」の使い方を解説します。

GPPLTE 01

届いたのは「GPPLTE」のSIMカードです。後はマニュアルサイトのURLが記載された1枚の紙。

GPPLTE 02

マニュアルに従い、SIMカードを切り取り、iPhone 5に入れて起動します。

パターン1

問題なくアクティベートが完了すると、その後はSIMフリー機としてご利用いただけます‥‥ということなのですが、定期的にICCIDは変化しているらしく、届いた「GPPLTE」を挿入されるだけでSIMロック解除されるのは稀有ではないかと思われます。

パターン2

多くの人がこのパターンになると思われます。

GPPLTE 03

「SIMが無効です」の画面が表示された状態で、ホームボタンを一回押すと、画面下部に「緊急」(電話)の文字が出現します(IPhoneXの場合は電源を長押し)。

GPPLTE 04

「電話」をタップすると、電話番号入力画面へ遷移します。

ここで「*5005*7672*最新ICCIDコード番号#」と入力後に、通話ボタンをタップしします。「最新ICCIDコード番号」はマニュアルサイトから参照することができます。

「設定できました」と画面に表示されるので「了解」のボタンをタップすると、先程の緊急電話の画面へ遷移します。そこで「キャンセル」をタップし、iPhoneの指示に従いアクティベーション解除終了まで進みます。

これでSIMロック解除は完了です‥‥え、これだけ!? と思ったのですが‥‥

GPPLTE 05

試しにドコモ系MVNO SIMを挿入すると、確かに画面には「NTT DOCOMO」の文字が表示されています!

ここまできても「本当にSIM解除されているのだろうか?」と思い、次はMVNOのSIMでテストしてみることにしました。

IIJmioのSIMでテスト

愛用している「IIJmio」のSIMカードを、iPhone 5に挿入してテストしてみました。

ネット接続するためにはAPN設定(接続先の設定)が必要なので、WiFi環境でSafariを起動し「IIJmio APN」と検索し、表示されたサイトからAPN設定のファイルをダウンロードしインストールします。これにて完了。

WiFiをオフにし、Safariからヤフーにアクセスしてみます。

GPPLTE 06

大成功! LTEでの接続も可能です!

LINE端末としても最適

古いiPhone 5やiPhone 5sが自宅に眠っているケースというのはままあると思いますが、この方法でSIMロック解除することができれば、格安SIMを入れてLINEを中心に運用するというのは現実的ではないでしょうか。

子供に持たせたり、実家の両親に持ってもらうといった方法が考えられます。

例えばLINEモバイルなら、月額500円で1GBというプラン(LINEのトークや通話はデータ通信に含まず)というのがあるので、そうした用途にも最適です。

注意点としては、初期化や復元でプログラムが消去されてしまうので、再度、SIMロック解除の作業が必要になるところでしょうか。使い続けている分には気にならないと思いますが。

以上「GPPLTE」でソフトバンクのiPhone 5をSIMロック解除してみたレポートでした!

試す方はくれぐれも自己責任でお願いしますね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「YouTube Premium」を解約する方法

次へ

「NUMBER GIRL(ナンバーガール)」オリジナルメンバーで再結成