「早起き」で脱メタボ 夜型生活改め仕事能率アップという記事より。

「朝型生活は健康によい」とよく言われるが、朝型生活より夜型生活の方が同じ食事でも太りやすく、朝型はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策にもなることが大学の研究で実証的に確かめられた。

女子学生18人を対象とした「朝型」と「夜型」の実証実験により、同じ食生活でも夜型の方が太りやいことが判明したのだとか。

実験内容は以下のようなものでした。

1回500キロカロリー、計3食の同じ食事を、午前7時▽午後1時▽同7時に食べる「朝型」、午後1時▽同7時▽午前1時に食べる「夜型」の生活を1日ずつ行い、食事前から食後3時間までのエネルギー消費量をDIT(食事誘発性熱産生)で測った。

この調査によると、夜型よりも朝型の方がエネルギー消費量が多かったそうで、DITという身体が消費するエネルギーの値でみると、

・朝型 0.905kcal(体重1キロ当たり平均)
・夜型 0.595kcal(体重1キロ当たり平均)

と、かなりの違いがあったことが分かります。

体重50キロの人の場合、朝型が45・25キロカロリー消費しているのに対し、夜型は29・75キロカロリーで、明らかに少なかった。

1日単位でわずかな差も、年単位になれば夜型の方が太りやすいだろうと、研究した教授が指摘しています。

理由ははっきりしないものの、

「仮説ではあるが、夜型生活では本来寝ている時間に食事をとることになり、ホルモン、神経系のバランスが崩れ、エネルギー消費量が低下してくるのでは。本来ヒトは夜行動物ではない」

という推測がなされています。

同じ4時間の仕事をするにしても、

・6時→10時

と、

・10時→14時

だと、かなり達成感が違うのではないでしょうか。

10時までに一仕事を終えると「まだまだいろいろできるぞー」って気持ちがいいですよね。

ネタフルでも、いろいろと早起きエントリーを書いています。

ネタフル流早起きする方法
ブログ男「ブログを書く時間は早起きしてつくる」(MY LIFE AS BLOGGER)
最も多いライフスタイルは「遅寝早起き」
早起きは三文の得
子育て中は思い切って朝方にすると自分の時間を作れる
こうすれば朝型人間に変身できる?
睡眠をサポートする「グリナ」

何かの参考になれば幸いです。