ソフトバンクから2008年春モデルが発表されましたが、QWERTYキーボードを搭載したインターネットマシン「922SH」がありました。

922Sh1

ライブで発表会の中継を見ていたのですが、「922SH」が出てきた時はかなりグッときました。

「インターネットマシン」という呼び方はどうかと思いますが、確かに誰にでも分かりやすい呼称ではあります。

ワンセグを視聴したり、ウェブブラウザするときはこのようなスタイルになります。

922Sh11

確かにこれだとテレビは見やすそうです。

3.5インチフルワイドVGA+QWERTYキーの“インターネットマシン”──「922SH」で詳しく報じられています。

ちなみに電話をかけるときは、端末を閉じた状態で背面にあるサブディスプレイとタッチセンサーを活用し、キーボードを操作することなく発信が可能だ。

OSがなんなのか分かりませんが、PCメールの受信なども可能なようです。が、やはり数字キーがないのは不便なのではないでしょうか。

とか、冷静になるといろいろ考えてしまいます。

携帯メールを送信するのに、いちいちキーボードを開かないといけない訳ですし、GPSやおサイフケータイがないのであれば、アドエスから乗り換えるメリットが見いだせません。

「iPhone」を使っていて「これだ!」と思ったのは「Safari」のブラウザのしやすさだったのです。ピンチイン/アウトで、サクサクとブラウザするあの感動。

GPSがなかろうが、おサイフケータイがなかろうが、ワンセグがなかろうが、やはり「iPhone」まで待ってみようと思います。

■関連記事

VIERAにREGZA、防水、横開きフルキー端末、株ケータイやティファニーコラボも――ソフトバンク、春モデル15機種発表

「922SH」は携帯電話からダイヤルキーをなくし、QWERTYフルキーボードのみを搭載したインターネットマシン。Windows Mobile機にはよくある形だが、一般的な携帯としては珍しい試みだ。

ソフトバンク、携帯電話でISPやWebメールを利用できる新サービス

「PCメール」は、主にPCで利用するISPのメールサービス、「Yahoo!メール」のようなWebメールサービスを最大3アカウント分、携帯電話に設定して送受信が可能になるサービス。