2012 05 01 1408

ヤフー、アスクルを傘下に--330億円出資、株式43%取得という記事がありました。ええーっ、ちょっと驚きますね。

ヤフーは4月27日、アスクルと資本業務提携することを発表した。アスクルはヤフーを割当先とする第三者割当増資を行い、ヤフーはアスクルの2302万8600株を取得する。

アスクルがヤフーを割当先とする第三者割当増資を行ない、アスクルがヤフーの関係会社になるそうです。取得価格は約330億円です。42.6%の株を取得します。

アスクルは1993年にプラスの一事業部として通販事業を展開、1997年に分社化している。

元々はBtoBの通販事業でしたが、現在はBtoCの「アスマル」も展開しているということで、そのあたりでヤフーとは相乗効果がありそうですね。

ヤフーは、アスクルの物流やマーチャンダイジング、コンシューマーサービスの各機能を相互補完して、ほかのBtoC通販事業者に対して、価格や品質、配送などの面で優位にeコマース事業を展開していく考えだ。

で、なんと「ヤスクル」を開設予定なんだそうですよ。ヤフーとアスクルで「ヤスクル」!? いちおう(仮)とのことですが。

■関連記事

ヤフーとアスクルが資本提携、新ネット通販サイト“ヤスクル”を年内開始 - ニュース:ITpro

これにより、全国どこでも注文の翌日には100%、商品を配達できる体制を築く。この仕組みはヤフーショッピングに出店する店舗にも開放していく。