ブログを中傷された女子高生が自殺未遂という記事より。

山梨県教育委員会は18日、県立高2年の女子生徒がいじめを苦に自殺を図っていたことを明らかにした。生徒は回復したという。

このイジメの内容が「自分が開設したブログに、同学年の女子生徒から度々中傷するコメントを書き込まれた」というものなのだそうです。

中学生くらいだと世界がまだ小さいと思いますが、それがそのままネットにも持ち込まれて、そこでも絶望的な気持ちになってしまうのかもしれませんね。

詳しくは知らないですけど、中学生くらいの子たちが使っているブログサービスだと、足あとを残してコメントを書かないと怒られたりすることもあるみたいですから、なかなか大変なようです。

若い人たちは若い人たちで、独自のカルチャーを築いているのですね。

ネットの場合は特に、面と向かってだったら言わないようなことも書けてしまう場合がありますので、注意しないといけないですね。