スポンサードリンク

YouTube、ローカルアプリのように扱える「PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)」に対応

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

YouTube、ローカルアプリのように扱える「PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)」に対応 202101 5 title 1

YouTubeが、あたかもローカルアプリのように扱うことができる「PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)」に対応しました。“YouTube”がPWAに対応 ~PCやモバイル端末にインストールして利用できるという記事で知りました。

“PWA”は、Webブラウザーで利用しているWebアプリをPCやモバイル端末のOSにインストールできるようにする仕組み。Webブラウザーとは独立したウィンドウで動作

スポンサードリンク

「PWA」は単独のアプリのように、あるサイトを動作させる仕組みです。ウェブブラウザーのガワを使っている‥‥みたいな感じでしょうかね。

これモバイル端末でも普通に使えるようになると、例えばネタフルのアプリ化も簡単になるのでしょうね。ネタフル単独で起動できるようになるので。

ということで早速、YouTubeを「PWA」として試してみました。

一部のデスクトップ版「Google Chrome」でオムニボックス(アドレスバー)からインストールを促すプロンプトが表示されているという。プロンプトが表示されていないユーザーも、アドレスバーの[+]ボタンから“www.youtube.com”をPWAとしてインストール可能。

ぼくの環境ではプロンプトは表示されませんでしたが「+」からYouTubeのPWA化ができました。

YouTube、ローカルアプリのように扱える「PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)」に対応 202101 1

「+」はここです。

YouTube、ローカルアプリのように扱える「PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)」に対応 202101 2

すると、YouTubeの「アプリをインストールしますか?」というダイアログが表示されるので「インストール」します。

YouTube、ローカルアプリのように扱える「PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)」に対応 202101 4

インストールされる場所は「Chromeアプリ」というフォルダーでした。これをダブルクリックして、YouTubeを単独のアプリのように起動することができます。

YouTube、ローカルアプリのように扱える「PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリ)」に対応 202101 5 title

YouTubeが1つのウィンドウで表示されます。

Google Chrome本体と切り分けると、負荷とかメモリー消費も分散するようですね。別アプリとして扱われるので。

アプリ切り替えするときも、Google Chrome内の1ウィンドウではなく、単独ウィンドウなので切り替えしやすいですね。

似たような仕組みとしては「Biscuit」も近いものがあります。

複数のウェブアプリをまとめて管理できるブラウザー「Biscuit(ビスケット)」

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

ドトール初のグッズ付きブック「DOUTOR 真空断熱タンブラーBOOK feat. moz」デザインがかわいい!

次へ

「Oggi 2021年3月号」の付録は「ドラえもん × GUCCI メモパッド」