「すし処 伴(八重洲)」とろけるサバと特製イカゴロとあん肝の旨味の海に溺れた!

Sushi tomo 4929

日本橋で「かに福(日本橋)」でカニ飯とカニクリームコロッケを食べた後に八重洲に向かい、新規開拓すべく彷徨って入店したのが「すし処 伴(とも)」です。カニ飯を食べた後に寿司!? と思われるかもしれませんが、ゴーストが耳元で囁きました。結果、大正解でした!

「すし処 伴(八重洲)」に行ってきた!

Sushi tomo 4952

聞いたところによると、1974年創業の寿司屋だそうで、父親が大将として寿司を握り、息子も経営に参画しているといった感じでした。

Sushi tomo 4951

店構えなどは昔ながらの寿司屋ですが、メニューなどは話題性があるようにうまく作れらています。そそられます。しずります。

Sushi tomo 4949

いくら丼とか雲丹トロいくらの三色丼とか、東京八重洲の寿司屋でこの値段で食べられたら高くないと思うんですよね。むしろ安いんじゃないかと思いました。残念ながらあん肝の煮付けは品切れ。

Sushi tomo 4921

サンマの刺身とか、サバのたたきとか、イカゴロとか、絶対に楽しみたくなりますもん。特にサバのたたき、来店したお客さんがだいたい頼む定番かつ人気のある料理だそうです。

Sushi tomo 4919

ドリンクメニュー。メガサイズとかあります。日本酒も500円とか600円とか、なかなかリーズナブルですよ。

Sushi tomo 4922

緑茶ハイ、生ビール、そしてガリボールで乾杯です。ガリボールはその名の通り、生姜な感じのハイボールでした。

Sushi tomo 4923

お通しの岩海苔。たっぷり。さっぱりして美味い。

Sushi tomo 4924

箸袋は富士山の箸置きになりました。

Sushi tomo 4926

折ってみた。海外からきたお客さんを連れて行ったら、こういうの喜びそうですね。

Sushi tomo 4927

一つ目の名物。特製漬けゴロのイカゴロです。特製ダレに10日間漬け込んだ新鮮なイカのゴロ(腸)を、スルメイカにかけた逸品。これがね〜、美味しくない訳ないのよね〜♪

イカゴロが臭みもなくさっぱりしてて、するすると食べられちゃうんです。スルメイカも、もちろん美味しいです。これは本当に日本酒向きの一品でした。

Sushi tomo 4928

二つ目の名物。サバのたたき、です。酢締めのサバを、もみじやニンニクで食べるのですが、これまた絶品!

Sushi tomo 4930

店の人気料理になるのも分かります。サバが新鮮だわ〜、箸が止まらないわ〜、サバがとろけるわ〜!

Sushi tomo 4933

我慢ならず冷酒に移行。宮城の浦霞です。

ここで息子さんが近くにいらしたので、せっかくなのでオススメを聞いてみました。すると出てきたのが「あん肝鍋」です。

鍋か〜。

ここに来て鍋か〜。

ちょっと〆に鍋は重いな〜。

とは思ったのですが、せっかくのオススメなので、お願いすることにしました。

そして、でてきたのがこいつです。

Sushi tomo 4936

あん肝しか入ってねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

確かに、あん肝鍋ですわ。間違いない。

野菜とかマロニーとか入っているのを想像していたのですが、完全にやられました。あん肝の大行進。美味い!

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数