スポンサードリンク

「北斗の拳」ケンシロウ・ラオウラベルの限定スコッチウイスキーが9月10日より発売

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「北斗の拳」ケンシロウ・ラオウラベルの限定スコッチウイスキーが9月10日より発売

アタタタタ! 小学館集英社プロダクションが、2020年9月10日より「北斗の拳」ケンシロウ・ラオウラベルの限定スコッチウイスキーを発売すると発表しています。

スポンサードリンク

世界的なウイスキーコレクターの山岡秀雄氏が、ハイランド地方のティーニニック1999(ケンシロウラベル)と、スペイサイドのグレントファース1997(ラオウラベル)を選んだのだそうです。

山岡秀雄氏のテイスティングコメント

1. ティーニニック 1999(ケンシロウラベル)

香り:さわやかで、生き生きしている。青いバナナと、グレープフルーツの内皮。ベースには、ナッツとシナモンのアロマ。

フレーバー:麦汁のよう。茹で小豆。やや柑橘類。少しビターで、ナッツのよう。フィニッシュに心地よい苦み。加水するとスムーズになる。

総合評価:ライトで飲みやすい。水割りやハイボールなどにしても合う。

2. グレントファース 1997(ラオウラべル)

香り:魅力的なアロマ。すっきりした梅酒。レモングラスなどのハーブのよう。バナナ・チップの甘さ。穏やかなスパイス。

フレーバー:ドライで、透明感がある。麦芽のよう。熟成感があるグラッパ。加水するとスパイシーさが強まるが、飲みやすくなる。

総合評価:穏やかで、バランスがいい。飽きのこないモルト。

商品概要

いずれも原材料モルト。原産地スコットランド(英国)。

「北斗の拳」ケンシロウラベル・ティーニニック1999

販売価格:19,000円+税
製作本数240本。700ml。熟成年数20年。アルコール度数47.1%。

「北斗の拳」ラオウラベル・グレントファース1997

販売価格:22,000円+税
製作本数193本。700ml。熟成年数22年。アルコール度数51.8%。

9月13日が「北斗の拳の日」ということで、これに先駆けて2020年9月10日12時より、ウイスキー専門サイト「WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)」で発売開始となります。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

廉価版Apple Watch「Apple Watch SE」も2020年10月に発売か?

次へ

【ゆるキャン△】なでしこのお姉ちゃんのモッズコートがヴィレヴァンオンラインで発売開始