スポンサードリンク

「Shiftall」SteamVR用のフルトラッキングシステム「HaritoraX」を共同開発し2021年夏までに発売と発表

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Shiftall haritorax 202102

VRメタバースビジネスへの参入を発表した「Shiftall」が、立て続けにVR関連の発表をしています。SteamVR用のフルトラッキングシステム「HaritoraX」を共同開発し、3万円未満で2021年夏までに発売すると発表しました。

スポンサードリンク

通常は「Oculus Quest」のようなヘッドマウントディスプレイを使用していると、アバターが動作するのは主に上半身となります。

下半身も動かすための仕組みをフルトラッキングシステム、フルトラと呼ぶのですが、フルトラのアバターを操っている人と遭遇すると、その表現の豊かさに驚かされます。

しかし、このフルトラッキングシステムは決して安いものではなく、簡単に手を出せるという世界ではありませんでした。

今回の発表は、SteamVR用フルトラッキングシステム「Haritora」を個人で開発してきたizm氏と「Shiftall」が共同で、後継機となる「HaritoraX(ハリトラックス)」の開発を行うというもの。

「HaritoraX」は本体以外に追加機器を必要としない、安価かつ省スペースのモーション・トラッキング装置で、腰部・脛部・腿部に取り付けて使用します。

「Oculus Quest2」「Oculus Rift S」などのヘッドマウントディスプレイと組み合わせることで、足や腰を含めた全身の動きをVR空間上に反映させることができます。

発売日が気になるところですが、2021年春~夏頃と割りとすぐで、しかも価格は3万円未満を予定しているそうです。これは購入しやすいですね!

ちなみに↑の画像はVRメタバース内で握手する、Shiftall代表岩佐氏(左)とizm氏(右)のアバターです。

このプロジェクトは、岩佐氏とizm氏がVRChat内で出会ったことに端を発します‥‥というのも良いですね。素敵なエピソードです。Shiftallが持つ量産品開発・製造ノウハウで、izm氏が個人開発していた初代モデルの後継機となる「HaritoraX」を開発します。

Shiftall haritorax 2021022

VRChatをしたことがない人には分かりにくいとは思うのですが、下半身をトラッキングすることで、非常に自然な動きができるようになるのですよね。

ぼくはPCのVRChatユーザーではないので、直接的には関係ない話ではあるのですが、表現力が豊かなアバターが増えるのはとても楽しいことだと思います!

Shiftall haritorax 2021023

2021年2月19日より初回ロット優先予約フォームがオープンしています。登録には予約費等はからずキャンセルも自由ですが、価格決定後に本予約(お支払い)を優先して案内されるそうです。

HaritoraX優先予約フォーム

2021年2月20日より開始されるバーチャル空間内展示会「クロスマーケット2」で、VR空間内広告も実施されます。

開発者のizm氏が「Haritoraを業務提携して量産することが決まって嬉しい話」という記事を書かれていますので、こちらもぜひご覧ください。

つまり、「僕に無限のお金と時間があったらこんなハードウェアにしたかったなあ」と思ってた夢のハードウェアをShiftallさんが作ってくれます。

良きドリームです!!

プレスリリース

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「Shiftall」VRメタバースビジネスに参入!LUMIX S5とVRグラスの3Dデータを販売開始

次へ

【Kindleセール】Python 1年生・はじめてのグラフィックレコーディング・SCRUM BOOT CAMPなど1,300冊が50%オフ「翔泳社祭り」開催中(2/25まで)