「Shiftall」VRメタバースビジネスに参入!LUMIX S5とVRグラスの3Dデータを販売開始

Shiftall vr meta verse 202102

「Shiftall」が2021年2月19日よりVRメタバース関連事業に参入し、メタバース内でアバターやワールドに利用できるメーカー公認バーチャルアイテムの販売を開始すると発表しています。第1弾として販売開始するのは、パナソニック製品のローポリゴンデータです。

「Shiftall」がVRメタバース関連事業に参入

VRメタバースとは、バーチャル空間内にてアバターを用いて他者とコミュニケーションを楽しむサービスです。例えば「Oculus Quest」シリーズからアクセスできる「VRChat」が挙げられます。

近年のVRメタバースでは、VRMフォーマットの普及などにより、アバターが特定プラットフォーマーの所有物から、個人の所有物へと変化しつつあります。

そのアバターを装飾するためのアイテムは個人の資産として所有されるのですが、この3Dデータの流通が加速しつつあります。

「Shiftall」は、VRメタバース内でのユーザー体験価値向上や製品の認知度向上を目的とし、第1弾として2種類のパナソニック製家電製品の公認3Dデータ販売を開始します。販売プラットフォームBOOTHを利用します。

メーカー公認3Dデータ 仕様

LUMIX S5+LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6|1,178ポリゴン|500円(税込)

眼鏡型VRグラス|2,974ポリゴン|300円(税込)

LUMIX S5のデータは、主にVRChat上にてVirtualLens2、VRCLensといったサードパーティ製カメラ拡張ソフトウェアと組み合わせて動作させることを想定しており、両ソフトウェアでの動作確認を終えているということです。

Shiftall official data store

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数