ソニー、Quest単体でもVRChatでフルトラできるモーションキャプチャー「mocopi」発表 〜49,500円で2023年1月下旬に発売

Sony mocopi 29000

ソニーが手軽に持ち運ぶことができるモバイルモーションキャプチャー「mpcopi(モコピ)」を発表しました。価格は49,500円で、2023年1月下旬に発売予定となっています。

小型で軽量なセンサーとスマートフォン(専用アプリ)のみで、モーションキャプチャーやVRへのリアルタイムなモーション入力を実現するモバイルモーションキャプチャーです。

VRChatをやっている人には、Quest単体でもフルボディトラッキングできるというと分かりやすいでしょうか。ソニーとVRChatの提携も発表されています。

ソニーのモーションキャプチャー「mocopi」

フルボディトラッキングを実現する機器としては、HaritoraXユニモーションといった先行製品がありますが、ここにソニーが参入してきた意味は小さくないでしょう。

Sony mocopi 29002

特に「mocopi」はVRChatで「も」フルトラを実現しますが、VTuberだったり、アバターで映画撮影したり、様々な映像制作に活用することを目指しているようです。

通常、モーションキャプチャーを用いた映像制作には、専用の設備やオペレーターが必要ですが「mocopi」は、独自のアルゴリズムにより、少ないセンサーで高い精度のモーション計測を実現。VTuberや映画・アニメーション制作に携わるクリエイターを時間や場所の制約から解放することを目指すとしています。

Sony mocopi 29001

全身の動きを含むアバター動画やモーションデータ制作を手軽に実現するだけでなく、モーション入力デバイスとして、VRChatなどの対応サービスでリアルタイムにアバターを操作することも可能です。

取得したモーションデータを、メタバース向けサービスや3D開発ソフトウェアに連携できるソフトウェア開発キット(SDK)が2022年12月15日より提供予定です。

VRChatは日本語を交えた喜びのツイートをしています。

「mocopi」は、直径32mm×厚さ11.6mm、重さ8gの小型センサーを6か所(頭部、両手首、腰、両足首)に装着し、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続することで、アバター動画とモーションデータの制作が可能です。

制作したアバター動画は、アプリケーション上でmp4などの動画データやモーションデータとして書き出し、スマートフォン上に保存できます。

測定方式は加速度センサー(3DoF)と角速度センサー(3DoF)で、連続モーションキャプチャー使用時間は最大約10時間、充電時間は約1.5時間、防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)となっています。USB-Cで充電します(充電ケース使用)。

通信方式はBluetooth LE Ver.5.2、最大通信距離は10m、使用周波数帯域は2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)です。

対応スマートフォン

Android:Xperia 5IV、Xperia 1IV、Xperia 5III、Xperia 1III、Xperia 5II、Xperia 1II

iPhone:iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Plus、iPhone14、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12

対応OS:Android 11以降 /iOS 15.7.1 以降

充電時間と動作時間の比較

mocopi:49,500円

・連続モーションキャプチャー使用時間は最大約10時間
・充電時間は約1時間30分

HaritoraX:33,900円

・内蔵リチウムイオン電池で約10時間動作
・充電時間は約4時間30分

ユニモーション:49,500円

・単3乾電池で24時間以上​

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数