クラウドPCサービス「PlutoSphere」を使ってPC版VRChatにログインしてPCVRワールドを案内してもらったQuest民

Pluto phere pcvr

【PlutoSphere】PC不要!クラウドPCとQuest 2でPCVRする方法という記事を書いてから少し空いてしまいました。たまにログインしないとやり方を忘れてしまう!

ということで土曜の昼下がり、クレジットカードで課金して、クラウドPCサービス「PlutoSphere」を使ってPC版VRChatにログインしてPCVRワールドに遊びに行ってきました。

クラウドPC「PlutoSphere」でPCVRを使う

「PlutoSphere」は、ネット上にセットアップされた仮想PCを自宅から使うサービスです。PCVR用の仮想PCなので、あらかじめSteamやSteamVRがインストールされ、VRChatをするための環境が整っているのが特徴です。

快適にPCVRで遊ぶには一般的にはゲーミングPCを必要としますが「PlutoSphere」はネット上のゲーミングPCを時間借りしているようなイメージになります。

まだ正式版ではないため、起動時に毎度PCがセットアップされるので15分くらい時間がかかります。これはパソコンの起動に15分くらいかかっていると思ってください。

加えてパソコンをシャットダウンすると、設定した情報は消えてしまいます。そのため、現状では「PlutoSphere」を利用するごとにSteamにログインするような操作は必要です(ウェブブラウザからログインできる)。

従量課金ですが、1時間150円くらいなので、1日2時間で300円。週に2回で600円。月に3,000円いかないくらいでしょうか。ゲーミングPCに15万円や20万円を投資するよりは遥かに安いので、たまにPCVRしたい人には最適なソリューションです。

ちゃんとPCVRのワールドを案内してもらう

前回、ログインに成功したときはPCVRのワールドに入り「まさにいまから!」というタイミングで課金が切れてログアウトしてしまったのでした(正確にはクラウドPCがシャットダウンしてしまった)。

そこまで数時間に渡って試行錯誤していたためぐったりしており、続きができませんでした。

今回は満を持してのPCワールド体験です。こんなワールドを案内してもらいました!

そこここにNPCがいて、料理を作っていたり、投げ銭したらギターを弾いてくれたり、実に生活感の溢れるワールドだと感じました。

Pcvr fin 12004

クラウドPCの映像をローカルの「Quest 2」にストリーミングしているので、回線が混雑していたり、速く複雑な動きだとジャギジャギしてしまうこともありますが、普通に歩いたり、普通に会話したりするには十分です。

まだ正式版ではないため、先述したように毎回、環境が刷新されるなど使いにくいところはあるので、PC環境が保存されるようなサービスが期待されるところです。あとはSideQuestを使わずにアプリをインストールできるようになると良いですね。

PCVRのクオリティが広がるためにはヘッドマウントディスプレイがもっと高機能になる必要があると思っていたのですが、方向性としてはクラウドPCサービスをヘッドマウントディスプレイ経由で使用するのが一般的になるのかもしれません。

【PlutoSphere】PC不要!クラウドPCとQuest 2でPCVRする方法

険しい道があると、自分から入っていってしまうような、正攻法ではなく遠回りが大好きです。 VRChatにはQuestで入るワールドと、PC+ヘッドマウントディスプレイで入るワールドと、2種類のワールドがあります。PCからQ...…

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数