Facebookが「Meta」に社名変更 〜Oculus QuestはMeta Questに

Facebook meta

Facebookがオンラインカンファレンス「Connect 2021」を開催し、社名を「Meta」に変更すると発表しました。社名変更は事前に言われていましたが、注目の新社名は「Meta」となりました。Facebookの新社名は「Meta」に メタバースに注力という記事になっています。

米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは10月28日(現地時間)、オンラインカンファレンス「Connect 2021」で、社名を「Meta」に変更すると発表した。

2021年後半に突如、バズワードとして浮上した「メタバース」ですが、そもそもFacebookが注力することが明らかになったから、というところはありますよね。

「Connect」ではマーク・ザッカーバーグも。「これからはFacebookファーストではなく、メタバースファーストになる」と語ったそうですが。

SNSではなくメタバース。「Facebook」「Instagram」「Messenger」「WhatsApp」などのサービスの上位概念にメタバースが位置する、と。

1年ほどOculus Quest 2を使ってメタバース生活をしていますが、Horizon Workroomsも登場し、より仕事や生活に近づいてきたな、という感覚はあります。

今は大きなヘッドマウントディスプレイが必要ですが、いずれメガネ程度のARデバイスになって、生活の中に仮想空間はマージされていくのでは、と思います。メタバースは確実にやってくるでしょうし、今とは全く違う姿になっているでしょうね。

また「Oculus」というブランドは消滅し、Questは「Meta Quest」になるそうです。個人的にはOculusよりMetaの方が呼びやすいかな、と思っていますが。

関連記事

「Oculus」ブランド消滅へ 「Oculus Quest」は「Meta Quest」に Facebook社名変更で – ITmedia NEWS

米Facebookが10月28日(現地時間)に発表した「Meta」への社名変更に併せ、ヘッドセットなどVR分野で使用されてきた同社の「Oculus」ブランドが消滅する。商品やサービスの名前は今後、「Meta ●●」に統一していくという。

フェイスブックが「Meta」に社名変更、メタバースを中核事業に | TechCrunch Japan

同社は、数カ月前から社名変更のための準備を進めてきた。これは、同社の最も人気のある製品にまつわる絶え間ないネガティブな見出しから、同社の中核的なブランドを引き離すための努力であり、怒っている消費者を回避するためのもののようだ。

かつてフェイスブックと呼ばれた会社が「Oculus」ブランドをさりげなく抹殺 | TechCrunch Japan

28日のプレゼンテーションでは、Oculusというフレーズが目立って欠けており、Oculus Storeなどの機能は一貫してQuest Storeと呼ばれていた。

Facebook、社名を「メタ」に変更 仮想空間に注力: 日本経済新聞

登記上の正式社名は「メタ・プラットフォームズ」とする一方、対外的にはメタの名称を使用するとしている。日本の証券コードに相当するチッカーシンボルは12月1日に、現在の「FB」から「MVRS」に変更する。社名変更の発表を受け、同社の株価は一時、前日比約4%上昇した。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数