VRをリハビリに活用する医療機器「mediVR カグラ」体験レポート

MediVR カグラ 27 04 title

Oculus Quest 2を購入しVRChatやVRゲームを楽しむなど、主に遊びやコミュニケーションで活用しているVRですが、医療方面でも活用が進んでいることを知る機会がありました。

ももさんと“世界最高齢のアプリ開発者”として知られるマーチャンこと若宮正子さんが、VRを活用したリハビリ医療機器「mediVR カグラ」を体験するのに @pichikyo と同行してきました。

リハビリ医療機器「mediVR カグラ」とは?

「mediVR カグラ」は、簡単に説明すればヘッドマウントディスプレイを活用したVRのリハビリ医療機器です。

我々がOculus Questなどのヘッドマウントディスプレイを利用してゲームをプレイするのと同様に「mediVR カグラ」はゲームをプレイしながらリハビリすることができるようになっています。

MediVR カグラ 08 04

特許も複数取得し、医療システムとして販売も行われており、現時点では全国25ヵ所の施設(病院や介護施設など)に導入されています。

循環器内科専門医の原正彦医師が中心となって開発したもので、それを広めるための会社も設立されています。今回は、その東京拠点でお話を聞きました。

MediVR カグラ 03 04 MediVR カグラ 05 04 MediVR カグラ 07 04

使用している機材は「HTC VIVE」で「mediVR カグラ」は、その上で動作するリハビリ用アプリを開発している会社ということになるでしょう。

リハビリは座ったまま受けることができます。ゲームとしては非常にシンプルなものなのですが、医療従事者がマンツーマンで対応し、ゲームの“課題”を出していきます。

それをクリアしていくうちに、これまで動きにくかった部位が稼働したり、判断を繰り返すことで脳の認知能力が高まっていくということです。

リハビリはとかく耐えるものというイメージがありますが「mediVR カグラ」はゲームの体裁を取っていますので、楽しみながらプレイすることができます。さらに“課題”を出すのは人間ですので、楽しくコミュニケーションできるという特徴もあります。

「mediVR カグラ」を体験

MediVR カグラ 13 04

「mediVR カグラ」の使用には、最初に自身の体格に合わせたキャリブレーションを行います。

MediVR カグラ 14 04

簡単にいえば「どのくらいまで手が届くか」という計測をするのですが、これによってリハビリ範囲が設定されます。手を伸ばす時も、少しだけ身体を伸ばすと届く、くらいの範囲になるわけです。

MediVR 21 04

姿勢正しくキビキビと課題をクリアしていくマーチャン。

MediVR カグラ 15 04

ヘッドマウントディスプレイとは別にシステムを稼働させている画面もプロジェクターで見ることができましたが、最もシンプルなものでは上から落ちてくるボールを、右手・左手でタッチしていくものがあります。

MediVR カグラ 32 04

あらかじめ決まったプログラムがあるのではなく、あくまでもリハビリする人の状況に応じて出題していく形になるので、カリキュラムとしてのバリエーションは無限ということになるでしょう。

MediVR カグラ 35 04

最初は脳に負荷がかからないよう、背景もシンプルなものをプレイするのですが、複雑なものが必要な場合には木からフルーツが落ちてくるものもあります。連続してフルーツを落とされると、右手も左手も、そして目を向ける方向も忙しくなってきます。

MediVR カグラ 33 04

きちんと許諾を受けているという水戸黄門ゲームもあります。忍者とスピード比べのような内容ですが、これは年配の人にも馴染みがあって親しみやすいのではないでしょうか。

MediVR カグラ 43 04

どんな風に体験しているかは、こちらのツイートが分かりやすいです。

mediVR カグラ – Wikipediaによると、次のように説明されています。

VR空間を患者に認知させ、3次元空間内で提示する座標に対して手を伸ばす(リーチングという動作)ことによって姿勢バランスを「定量的」に崩すための刺激を行い、リーチングタスクの達成度を計測することでバランス能力を評価する。

ゲームをプレイすることで、知らず識らずのうちに身体を使い、脳を使い、それがリハビリになっているというシステムなのですね。

今回は短時間の体験ですし、ビフォー・アフターのようなことは分からないのですが、普段どおりとは違う身体の使い方をして、さらには脳トレのように頭を働かせているという感覚はありました。

例えばVRChatは性別や年齢などの個人情報を剥ぎ取った世界で、アバターを着替えて何者にでもなれるという、ある意味では人生を生き直すというか、心のリハビリができるような側面もあると思っています。

今回の体験では医療方面から、身体のリハビリに使えるVRがあるという可能性について感じ、考えることができました。定期的に施設に通ってリハビリしつつ、自宅でもVR機器で補完するリハビリが可能になるような未来もすぐそこ‥‥なのでしょうね。

興味を持った人は、こちらの動画をご覧ください。

MediVR カグラ」のサイトから、導入施設やデモ機設置施設を探すことができます。

世界最高齢アプリ開発者・マーチャンこと若宮正子さんがVRChatに挑戦!

先日、81歳のときにiPhoneアプリを開発し、2017年のWWDCでティム・クックCEOから「世界最高齢のアプリ開発者」と紹介されたマーチャンこと若宮正子さんのVRChat初体験にご一緒させて頂きました。…

【VRChat】パラパラを踊ったりクラブでお立ち台に立ったり人生初体験を重ねる充実した音楽イベントの1週間でした

こういう時に使うんですね。よもやよもやだ。 続く外出の自粛。中止されるイベント。ストレスがたまって仕方がない‥‥そんな皆々様にはぜひとも「VRChat」をオススメしたい! まさか48歳にして、パラパラデビュー、お立ち台デ...…

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数