スポンサードリンク

【高校サッカー選手権】青森山田19番のロングスローが記憶に残る飛距離だった!

[リンクにアフィリエイトを利用している場合があります]

スポンサードリンク

【高校サッカー選手権】青森山田19番のロングスローが記憶に残る飛距離だった!

2020年1月13日に埼玉スタジアムで行われた、第98回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝を観戦してきました。決勝のカードは青森山田 v.s. 静岡学園で、試合は3-2で静岡学園が制しました。

スポンサードリンク

青森山田がPKを含めて前半いきなり2点を先制し、このまま終わってしまうかな‥‥と思いきや、前半終了間際に静岡学園が1点を返し、後半に2得点して逆転勝利を収めました。

手に汗握る展開とは、まさにこんな試合のことを言うのでしょうね。2-0というスコアが非常に危険なものであることもよく分かりました。

と、試合の結果はそのような感じだったのですが、記録ではなく、記憶に残る選手・プレイがありました。それが、逆転されてから登場した青森山田の19番・鈴木琉聖選手です。

鈴木琉聖選手、超ロングスローを持っているのですね!

並外れた飛距離のスローイングで、ボールはゴール前まで届き、いきなりチャンスを迎えます。ロングスローって、こんなにもダイレクトな武器になるのかと驚きました。

幸い目の前でロングスローを見る・録画することができましたので、そんな鈴木琉聖選手の2本のロングスローをまとめた動画をぜひご覧ください!

過去最多を記録した観客動員数である56,025人が、もっともどよめいた瞬間でもありました。

後から鈴木琉聖選手を調べたら、GRANDE FC出身で地元埼玉県出身の選手でした。地元の選手が青森で頑張っていたのも嬉しくなりますね。

高校3年生ということで、今後の進路も楽しみです。応援したいと思います!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】まんが パレスチナ問題、ユダヤ教の誕生、大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」など 「中東を考える本フェア」(1/23まで)

次へ

「アンダーグラウンド ラーメン 頑者 コクーンシティ店」つけ麺濃厚を食べた(さいたま新都心)