スポンサードリンク

新型コロナウイルスのワクチン開発になぜ時間がかかるのか解説する動画

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

新型コロナウイルスのワクチン開発になぜ時間がかかるのか解説する動画

シーマ・ヤスミン医学博士が、新型コロナウイルスのワクチン開発になぜ時間がかかるのか解説している動画をWIREDが公開していました。

スポンサードリンク

史上最速で承認されたおたふく風邪のワクチンでも、認可に4年を要したそうです。さらにそこから製造もあるわけですから。製造にも7〜36ヶ月を要すると予測されているということです。

これを見ると、少なくとも2020年内にどうにかなるという問題ではなさそうですね。ワクチンができるまで、少なくとも2年くらいはかかるのでは、と思いました。

となると、普段はマスクをして、基本的にはソーシャルディスタンスを取りながら生活していく‥‥というのが当たり前のような生活が数年は続いていくのでしょうかね。

どこかで近い将来に元の生活に戻れるのではないかという心づもりもあったのですが、淡い期待ということになるのかもしれません。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【Kindleセール】ハッキング・ラボのつくりかた、本好きの下剋上などが最大50%OFF「高額書籍キャンペーン」(7/23まで)

次へ

Apple Silicon初搭載モデルはMacBook Pro 13インチ?