Jリーグ第2節 浦和レッズ v.s. FC東京[2009]

冷たい雨の降る中、浦和レッズのホーム開幕戦が行われました。鹿島アントラーズとの試合で感じた“ワクワク”を見事、体現してくれた選手たち。試合結果は3-1で快勝。ホーム埼玉スタジアムで久しぶりの勝利となったのでした。

200903161458.jpg

スタジアムに入り、ゲートをくぐると同時にファーストインプレッションが流れはじめます。試合開始とほぼ同時に着席。

ホーム開幕戦でも原口元気がスタメン起用されました。田中達也と組むFWは高原からエジミウソンに。そして右サイトバックは山田、左サイドバックに細貝という布陣。

前半の早い段階でセットプレーが阿部勇樹がゴールをゲット。そのすぐ後にオウンゴールがあるのですが、去年感じたような“悪い予感”はみじんも感じませんでした。むしろ、これでさらに面白くなる、と。

200903161459.jpg

浦和レッズとFC東京は今シーズンは同じ4-4-2の布陣をとります。そしてFC東京もボールと人が動くコンビネーションサッカーを展開します。どちらかというと攻撃的。そういう意味でも、打ち合いになって面白いんじゃないかという予感。

さらに、ポンテのセンタリングをゴール前に飛び込んだエジミウソンが足の裏で押し込んだり、最後は途中出場した山田直輝がアシストしてポンテがゴールしたりと、非常に見応えある試合になりました。

言うなれば「もっと見ていたい」です。こんなにも90分を短く感じるなんて、本当に久しぶりのことだと思います。

山田暢久も確変していたし、エジミウソンも見違えるほどですね。鈴木啓太の危機察知する嗅覚も戻りつつあるようですし、2008シーズンはいったいなんだったのか、と。

フィンケ監督の目指すショートパスを繋ぐコンビネーションサッカーが垣間見えた‥‥というか、上出来すぎる試合でしたね。

浦和レッズの選手たちが上手にショートパスを繋ぐサッカーなんてできるのだろうか? なんて心配は杞憂でした。本当に周りがよく見えているし、ダイレクトに「そっち」と思う方向にパスが繋がっていきます。

きれいに逆サイドにパスが繋がっていったり、戻したボールが再び前線に運ばれていく様は、実に美しい‥‥。これが見る者を魅了するサッカーなのか、と。

200903161544.jpg

ボールポゼッションはどんな数字になっているのでしょうね。レッズの選手がボールを回し、ここぞという場面で攻撃に転じるところなど、見ていてしびれました。攻守の切り替えスピードも改善されていたと思います。

しかし、このサッカーはまだ始まったばかり。今回はうまくいきましたが、停滞することもあるでしょう。その停滞を、次のジャンプへの踏み込みとしてサポーターが認識できるかどうか、が大切です。

200903161545.jpg

ポンテのアシストをした山田直輝がゴール裏へ駆け寄り、クルヴァに向かってガッツポーズを見せました。新入団の彼にしてみれば、埼玉スタジアムのピッチやサポーターというのは、相当な憧れがあったことでしょう。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数