埼玉県で唯一の「三宝亭」で食べた鶏白湯塩ラーメンが滋味深くて激ウマ‥‥からのチャーハンも町中華風で大変良し(さいたま市)

三宝亭 与野本町店 22000

新潟県発祥の「三宝亭」というラーメン店がさいたま市内にもある‥‥というのは、秘密のケンミンショーで話題になってから知りました。

さすがテレビの力。放送後はしばらく激混みだったそうで、ようやくフィーバーが終わったあたりを見計らって夕食を食べに行ってきました。

へええ、そんな有名なラーメン店がさいたま市内にあったのねぇ、なんて向かったら、目の前は何度も通ったことがある場所で「そういえばファミレスぽい町中華風のラーメン店があったな‥‥」と記憶していたのが、ずばり「三宝亭」でした。

でも、こんな機会でもなければ立ち寄らなかった気がします。行ってよかった「三宝亭」です。

「三宝亭」の外観と内装

これがクルマで通り掛かると印象深かった「三宝亭」の看板です。

三宝亭 与野本町店 22004

場所は新幹線の高架下。旧与野、中央区役所あたりですね。通りに向けた看板には「中華麺食房」「こだわり」「ごちそう」と書かれています。

三宝亭 与野本町店 22002

調べてみると「三宝亭」は、新潟県のレストハウスを発祥とする中華料理チェーンなのですね。レストランもあり「三宝亭」はFCを含む一大ラーメンチェーン店となっているのです。三宝グループの沿革によれば、創業は1967年ということで、実に50年以上の歴史を誇ります。

埼玉県で唯一の「三宝亭 与野本町店」は、36号店のFCとして2014年にオープンしていたことも分かりました。そこそこ歴史もあるんだ、さいたま市の「三宝亭」も!

三宝亭 与野本町店 22016

カウンター席からテーブル席まで、ファミレス風でなかなか席数も多いのですが、これが連日満席になっていたというのですから、テレビ効果も恐るべし、ですね。少なくとも19時過ぎは待たずに座ることができました。

三宝亭 与野本町店 22015

卓上の調味料。醤油に酢、ラー油、胡椒、そしてふりかけがあります。ふりかけがあるのは、なんとも昔ながらというか、ほっこりした気分になりますね。

三宝亭 与野本町店 22014

「ふれあいと味わいの店 ご馳走なら三宝グループ」と書かれた割箸の袋。ここからも分かるのですが、昭和の良い時代の町中華が、今に生きているという感じですね。デパートの最上階の食堂の雰囲気というか。とても懐かしい気持ちになるんですよ。

「三宝亭」のメニュー

「三宝亭」のコンセプトは、ラーメンをご馳走にするということのようで、そのために麺もコシが伸びにくい「無双麺」という自家製麺を使っているそうです。

三宝亭 与野本町店 22005

メニューの表紙を飾るのが「五目うま煮めん(880円)」です。「三宝亭」といえば、この「五目うま煮めん」のようです。海老、豚肉、イカ、白菜、たけのこ、うずらの玉子など様々な具材が、絶品のあんかけとなっています。

三宝亭 与野本町店 22006

こだわりの餃子。ビールやハイボールもあって、一杯やりながら食べるのが良さそうですが、うちからだとクルマでないと行きにくいのですよねぇ。

担々麺も気になっていたのですが、残念ながら販売休止です。これはテレビ効果なのでしょうか。いつか復活することはあるのでしょうか。

三宝亭 与野本町店 22007

煮干し中華に鶏白湯。チャーシューや味玉も美味しそうです。半炒飯や餃子とライスのセット、唐揚げとライスのセットなども頼めます。

三宝亭 与野本町店 22008

味噌ラーメンに背脂ラーメン。背脂ラーメンも気になっていたのですが、残念ながらこちらも販売休止です。背脂たっぷりのラーメンも食べてみたい! これはいつか復活することはあるのでしょうか?

三宝亭 与野本町店 22009

「ご要望にお応えして大復活」したらしい「豚力丼」も、残念ながら販売休止。テレビ効果で出すぎてしまったのでは‥‥と思える販売休止のメニューたち。いつか復活して欲しい。

三宝亭 与野本町店 22010

テレビの後、しばらくランチタイムは駐車場にクルマが入れないほどの人気になっていたらしいのですが(駐車台数は21台)、少しお得だという理由もあるのかもしれませんね。

三宝亭 与野本町店 22011

餃子も美味しそうだったのですが、この日は鶏白湯塩ラーメンに半炒飯を注文したので、さすがにそんなに食べられないかと断念。人数多めで行くといろいろ食べられて良さそうだと思いました。

三宝亭 与野本町店 22012

さらに、ちょっと特別ぽいメニューとして「酸辣湯麺」と「全とろ麻婆麺」もありました。辛さも追加できるし、ライスを頼んで麻婆丼も作れるらしい! 次回はこれにしてみようかな。

三宝亭 与野本町店 22013

「無双麺」は太めのコシのある麺だったので、きっとつけ麺にしても美味しいでしょうねぇ。

「三宝亭」ラーメンを食べた感想

三宝亭 与野本町店 22018

今回、注文したのは「鶏白湯塩ラーメン(825円)」と「半炒飯(418円)」です!

三宝亭 与野本町店 22022

チャーシュー、ほうれん草、メンマがトッピングされています。少し時間が経てば油膜が固まりそうな濃厚なスープ。スープを飲んでみると、これがまた滋味深い感じで美味しい‥‥。

クリーミーでまろやか、鶏の旨味がたっぷりで、飲めば飲むほど身体に良さそうな気がしてしまう味なんですよ。

三宝亭 与野本町店 22023

そんなスープが絡む自家製麺も美味い!

三宝亭 与野本町店 22024

チャーシューも、箸でリフトアップが困難なほどとろとろで、これまた美味しいです。チャーシュー麺も食べたくなるくらいでした。メンマも太く、食べごたえあります。

三宝亭 与野本町店 22021

半炒飯と言いつつ、なかなかの盛りです。ラーメンと一緒に食べるなら、半炒飯をさらに2人で分けても良いくらいのボリュームだと思いました。

三宝亭 与野本町店 22025

このチャーハンも美味しいのです! 油多めの味が町中華という感じ。創業が「三宝飯店」というまさに町中華だったようなので、その味を受け継いでいるのでしょうね。

懐かしいチャーハン、とっても美味しい中華料理のチャーハンを食べながら、ズズッと鶏白湯スープを飲むのも最高です。

店舗も大きく、席も広めで、子ども用メニューもあるし、まさにファミリーレストラン感覚で家族でも安心して行ける町中華風のラーメン店だと思いました。

ごちそうさま!!!!!

浦和ラーメン アーカイブ – ネタフル

「三宝亭」住所と地図

三宝亭与野本町店【公式】のTwitterアカウントがありました。

>>三宝亭/さんぽう亭 |三宝グループ | 三宝グループ

住所:埼玉県さいたま市中央区下落合4-9-16

あわせて読みたい

「四川担々麺 阿吽」4辛(大辛)物足りず5辛(激辛)にアップグレード【北浦和】

「甲州屋別邸」0辛もある胡麻推しの担々麺専門店(浦和)

「麺処ごまや」自家製麻辣醤が旨い!平日ランチ限定の担々麺専門店(浦和)

「横浜家系ラーメン 町田商店」生玉ねぎ入れ放題が嬉しい463号沿いの家系ラーメン(浦和)

「興兵衛(こうべえ)」丁寧な仕事で野菜たっぷり大盛なラーメンと巨大な餃子のラーメン店(南浦和)

「横浜家系ラーメンとりとん(浦和)」厚さ3cm棍棒のような肉塊チャーシューは1日15食限定のメガトンラーメン!

「らーめん虎丸」まろやかで美味しい二郎系!ミニラーメン200gでペロリ(南浦和)【Uber Eatsあり】

「ときわ亭」混ぜ混ぜ完食からの追い飯が美味しい台湾まぜそば(浦和)

「自家製麺まかないへきる」レアチャーシューが絶品!濃厚中華そばを食す(武蔵浦和)

「らーめん きよつき」大量の刻みネギで食べるクリーミーでまろやかな濃厚塩とんこつラーメンが初体験の味!(武蔵浦和)

「味噌ラーメン専門店 日月堂 浦和さいど店」大きな炙りチャーシューが美味い自家製熟成味噌の特味噌ラーメン

「娘々 与野本町店」でスタミナラーメン(600円)を食す

「平和軒」老舗の町中華でラーメン・半チャーハンセット(浦和)

「(仮)麺食堂」浦和のソウルフード娘娘スタミナラーメンリスペクトの浦和スタミナに全トッピングして追い飯まで食べても800円で至福の満腹

「九州ラーメン つばめ軒」ハリガネで食べる濃厚な豚骨ラーメンと明太ご飯(北浦和)

「あじ平ラーメン 東浦和店」辛いカミナリみそラーメンのさらに大辛を食べた!

「ぎんねこ」こういうのがいい‥‥昭和初期から続く蕎麦屋のラーメン(浦和)

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数