サーモスも炭酸飲料が入れられるボトルを発売していた(タイガーより安い)

B09R7LLMPS

炭酸水やビールが入れられるタイガー「真空断熱炭酸ボトル」が発売されましたが、同様の製品はサーモスからも発売されていたようです。コーラやビールを冷たいまま持ち運べる、炭酸OKなボトル2モデルを使い比べ!という記事で知りました。

頃合いもよく、タイガー魔法瓶とサーモスから、それぞれ炭酸飲料対応の水筒が発売された。さっそく、タイガー魔法瓶の「真空断熱炭酸ボトル MTA-T050」(6,000円前後)と、サーモスの「保冷炭酸飲料ボトル FJK-500」(3,300円前後)を購入し、使い勝手をチェックした(いずれも容量は500ml)。

サーモスのボトルは500ml(FJK-500)と750ml(FJK-750)の2種類です。基本的な機能はタイガーと変わりませんが、飲み口のところが大きく違います。このあたりは好みでしょうね。

2モデルをフタを外した状態で比べると、タイガー魔法瓶の方が口が少し広い。飲み物の注ぎやすさは大して変わらないが、タイガー魔法瓶の方が、中までスポンジで洗いやすいと感じた。

ただ価格はサーモスのほうが安いので、気軽に使いたい人にはオススメです。タイガーの方が飲み口の機構が複雑なので高いようです。

これから夏になって、ビールの量り売りみたいなことがあちこちで行われるようになると、こうした炭酸水やビールが入れられるボトルの真価も高まりそうな気がします。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数