タイガー、ビールやコーラなどの炭酸飲料が入れられる「真空断熱炭酸ボトル」発売(1/21)

Tiger MTA T050 12000

タイガーが、ビールやコーラなどの炭酸飲料が入れて持ち運ぶことができる「真空断熱炭酸ボトル(MTA-T050/080/120/150)」を2022年1月21日より発売すると発表しています。炭酸飲料が入れられるのは、現時点ではる国内メーカー唯一となるそうです。

従来の真空断熱ボトルは、ボトル内の圧力が上がるとキャップやふた等の破損や破裂のおそれがあるという安全性の観点から、炭酸飲料を入れて持ち運ぶことが推奨されていませんでした。

新商品の「真空断熱炭酸ボトル」では「炭酸ガス抜き機構」や「安全弁」を備えたタイガー独自の炭酸飲料対応せん構造「BubbleLogic(バブルロジック)」を採用し、炭酸飲料の持ち運びが可能としたそうです。

Tiger MTA T050 12002

ボトルの内面に、なめらかで光沢のあるタイガー独自の「スーパークリーンPlusプラス」加工を施すことにより、ボトル内面の凹凸が少なく、加工なしのものに比べて、炭酸が気化しにくいそうです。

サイズは4種類です。

Tiger MTA T050 12001

気になるのは価格ですが、店頭予想価格は国内メーカー唯一、外でも炭酸水やビールを冷たく保てる真空断熱ボトル。タイガーによると次のようになっています。

店頭予想価格は0.5L「MTA-T050」が6,000円、0.8L「MTA-T080」が6,500円、1.2L「MTA-T120」が7,000円、1.5L「MTA-T150」が7,500円。

冷たい炭酸飲料を持ち運ぶことができるのはありがたいですね。自宅で作った炭酸水を持ち運ぶとか、アウトドアでハイボールを呑むとか、もしかするとビールのテイクアウトも広まるかもしれません。

ちなみにビールを持ち運ぶのに使われる「グラウラー」という商品は、Amazonでも見られます。もちろん、これでも炭酸飲料を持ち運ぶことができます。

プレスリリース

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数