【Twitter】音声チャットの「スペース」利用者を拡大!Clubhouseと比較してどう?

Twitter spaces 202102 08

1ヶ月くらい前からテストしているのを見かけていた、Twitterの音声チャットサービス「スペース(Spaces)」が、2021年2月24日より日本でも利用者を拡大したようです。

友人でも招待が届いている人が多数おり、朝からテストをしていたので混ぜてもらい体験してみました。今後は機能も拡張していくはずですが「スペース」の現在地をClubhouseとも比較して考えてみました。

Twitter「スペース」のテストを拡大

まずは「スペース」の利用方法です。

Twitter spaces 202102 01

Fleetと同じ画面の上部に、ブルーの楕円にアイコンが包まれているのが「スペース」です。これをタップすると「スペース」に参加することができます。

Twitter spaces 202102 02

これが基本的な画面です。恐らく自分のフォロワーに「スペース」に参加していることが見えているはずなので、どんな人が参加してくるかは予想できません。モデレーターの人は、リスナーを発言者に変更することができます。

Twitter spaces 202102 03

機能的には字幕表示があるのがClubhouseとの違いですが、まだ日本語には対応していないので、きちんとローマ字に変換したような日本語が表示されます。

Twitter spaces 202102 04

Clubhouseではリスナーは反応することはできませんが「スペース」では絵文字を送ることができます。絵文字の種類は限られていますが、リスナーが反応できるのはClubhouseとの大きな違いです。

この絵文字は全体に表示することもできますし、自分がフォローしている人には個別に送ることもできます。

Twitter spaces 202102 05

「スペース」のリンクもシェアすることが可能です。

Twitter spaces 202102 06

Twitterでシェアしようとしているところです。

Twitter spaces 202102 09

人数が増えると「他○人」と表示されるため、参加者全員を把握することができません。

Twitter spaces 202102 07

「スペース」をしながら、ツイートを確認することができます。Twitterで画像をツイートし、それを見ながら会話するといったことも可能です。

「スペース」はClubhouseと比較してどうか?

「スペース」はまだまだこれからのサービスだという前提ですが、Twitterで広く開かれた場所なので、やや緊張感のあるサービスだな、と感じました。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数