【Twitter】ヘイト行為や攻撃的な行為を減らすことを目的に改定した新しいルールが施行

2017 12 19 1159

ヘイト行為や攻撃的な行為を減らすための新しいルールの施行を発表しています。ヘイト行為や攻撃的な行為を減らすことを目的に改定したTwitterルールが開始しています。

それぞれの方によって許容範囲が異なりますが、Twitterを皆さんが不安を感じず、安心してそれぞれの視点で意見を伸べることができる場にすることが目標です。今回も、10月末にご案内したポリシー変更プロセスにもとづき、変更や考えを実装するにあたって外部の評議会などにも意見をうかがいながら行いました。

暴力を使用または推奨するグループに関係するアカウントの禁止、暴力や暴力行為を賛美するコンテンツの禁止、プロフィールの情報によって他の利用者を脅かす行為の禁止、ヘイト表現をともなう画像を「不適切なメディア」に含まれるように、といった内容となっています。

Twitterルールから確認することができますが、ルールを守れない場合は強制執行措置の対象となる場合があります。

「6か月以上運営の痕跡がないアカウントは削除される場合があります」というのは初めて知りました。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数