「Twitter Blue」の新機能としてツイート文字数を4,000文字に拡大 〜まずはアメリカから

Twitter blue 4000

Twitterが、有料サブスクプラン「Twitter Blue」の新機能として、ツイートできる文字数を、これまでの280文字から4,000文字に拡大したことを発表しました(日本では140文字)。まずはアメリカから開始されています。

「Twitter Blue」で4,000文字ツイートが可能に

「Twitter Blue」のアカウントが次のようなツイートでアナウンスしていました。

このツイート自体が280文字以上となっています。タイムライン上では280文字で表示され、クリックするとツイート全体を読むことができます。

長文は複数のツイートを繋げてスレッドとしてツイートする機能もありますが、この4,000文字に拡大された「Twitter Blue」なら1ツイートでできる場合も少なくないでしょう。

「Twitter Blue」のユーザーでなくても、長いツイートへの返信、リツイート、引用ツイートは可能です。「Twitter Blue」加入者は最大4,000文字で返信や引用ツイートができます。

もちろん長文を投稿できるメリットはありますが、これまで通りの画像添付でも良いという人も、月額1,000円ほどと考えると少なくなさそうです。

「TweetDeck」間もなく「Twitter Blue」専用の機能になりそうだという話もありますが、個人的には「TweetDeck」の機能はそれほど必要としてなく。300円くらいだったらお布施として加入したかもしれない「Twitter Blue」ですが、さすがに1,000円となるとちょっと考えてしまいますね。

「Twitter Blue」の登録者数はアメリカで約18万人と報じられるなど不振も伝えられますが、広告収入を還元するという施策が起死回生の一発になるか‥‥。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数