【Twitter】会話を理解するための「よくないね」ボタンをテスト中

Twitter dislike test

Twitterがの、iOSアプリのユーザーを対象に「よくないね」ボタンをテストしているとツイートしています。これは会話の内容を理解し、より多くの返信を表示できるようにするためのテストだそうです。

以下のツイートでアナウンスされています。

「いいね」に関してもこれまでのハートだけでなく、↑やサムアップなどの形状もテストされています。

なお「いいね」の数は表示されますが「よくないね」の数は表示されません。思っているような「よくないね」ではないということですね。

関連記事

ツイッターがRedditスタイルのアップ・ダウン投票ボタンをテストへ | TechCrunch Japan

長い会話スレッドの中で興味のあるコメントや意味のあるコメントをハイライトするための仕組みだ。

Twitter、返信に「反対票」(dislikeではない)をつけるテストを開始 – ITmedia NEWS

テスト段階では、反対票はそれをつけた本人からしか見えず、反対票の数が返信の表示順に影響することはない。賛成票は現行の「いいね」として表示される。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数