「カーシェア」無断で売却されたり返却されないケースが相次ぐ

「カーシェア」無断で売却されたり返却されないケースが相次ぐ

NTTドコモが運営する「dカーシェア」の「マイカーシェア」で、貸し出したクルマが無断で売却されたり、返却されないケースが相次いでいるそうです。カーシェアリングで無断売却か 被害複数、大阪府警捜査という記事になっていました。

個人が所有する車を別の人に貸す「個人間カーシェアリング」で、貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で相次いでいることが15日、関係者への取材で分かった。

個人間のカーシェアリングで問題が発生しており、無断でクルマが売却されたり、返却されないケースがあるそうです。

提示された免許証も偽造の可能性があるということで、最初から無断売却するのが目的でカーシェアリングを利用している、組織的な犯罪の可能性もありそうです。

免許証を偽造し、カーシェアリングで借りたクルマも海外に転売してしまえば、確かに利益率は高そうではありますが‥‥カーシェアリングでクルマを盗むというのは考えもしませんでした。

関連記事

「dカーシェア」で無断売却トラブル 外国車3台が大阪市で被害に 捜査で全て発見、現在はオーナーに返還済み – ITmedia NEWS

ドコモはITmedia NEWSの取材に対し、「大阪府警による捜査の結果、現在は全て持ち主の元に戻っている」(広報部、以下同)と状況を説明した。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数