小室哲哉、詐欺で逮捕!!

小室哲哉が5億円の詐欺容疑で逮捕へという記事より。

90年代の音楽シーンを席巻した音楽プロデューサーの小室哲哉(49)が、所有していない楽曲の著作権を譲渡すると偽って兵庫県内の投資家から5億円をだまし取った疑いが強まり、大阪地検特捜部は4日に、詐欺容疑で逮捕する方針を固めた。

朝からかなり驚きのニュースですが、小室哲哉が詐欺容疑で逮捕されるそうです。容疑は所有していない楽曲の著作権を譲渡すると偽り、兵庫の投資家から5億円を騙しとった疑いです。

関係者によると、小室は06年8月、806曲分の著作権を所有しているかのように偽り、10億円で売却する契約を兵庫県芦屋市の投資家男性と締結した。同月、代金の一部として5億円を受け取った。

楽曲のほとんどは小室哲哉が作詞作曲したものでしたが、多くの曲は別の会社が著作権を所有していたものだったり、数人で分割所有しているものだったということです。

結果的に、5億円を騙しとったということになりました。

2年連続で高額納税者番付4位となるなど栄華を極めた小室哲哉でしたが、いったい何にそんな大金を使ってしまったのか‥‥。

記事によれば、事業の失敗や離婚の慰謝料で多額の借金を抱えていたということですが、転がり始めると止まらなくなってしまったのでしょうか。

小室哲哉5億円詐欺で逮捕へ!離婚も濃厚によれば、奥さんである「globe」のKEIKOもショックを受けているということですが、その実家である料亭にも迷惑をかけられないために離婚するのでは、と伝えられています。

事業の失敗についても書かれています。

世界のメディア王、ルパート・マードック氏率いる会社と組むなど“世界のTK”としてビジネスに参入したものの、上場から1年足らずで大幅な赤字に転落。02年に持ち株すべてを売却し、損失額は70億円といわれている。

2000年に香港に設立し、株式上場させた制作会社「ロジャム」でしたが、大失敗に終わり70億円の損失を被ったとも。