スポンサードリンク

「重用」の読み方は?チョウヨウ?ジュウヨウ?

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「重用」の読み方は?チョウヨウ?ジュウヨウ?

ずっと「重用」の読み方は「チョウヨウ」だと思っていたんですけどね。原則は「ジュウヨウ」なのだそうです。40年くらい知らないまま過ごしていました!

スポンサードリンク

このことを知ったのは、日テレ藤井アナ 市來アナに謝罪 生放送で「重用」の読み方を…「私の知識が古かった」という記事でした。

日本テレビの藤井貴彦アナウンサーが6日、同局「news.every」で、市來玲奈アナウンサーが「重用」を「じゅうよう」と読んだところ「ちょうよう」とささやき、市來アナは「ちょうよう」と読み直したが、実は「じゅうよう」が正解だったことを明かし、素直に謝った。

市來アナウンサーが、北朝鮮の労働党創立75周年のニュースで「核・ミサイル開発を主導した2人を重用(じゅうよう)し…」と読んだところ、藤井アナウンサーが「ちょうよう」と訂正したというものなのですが、そもそも「じゅうよう」で合っていた、と。

藤井アナウンサーは「実は『じゅうよう』の方が新しくて、私の知識の方が古いということが分かりました」と認めたということですが、調べてみるとむしろ「ちょうよう」の方が新しいようです。

2013年のNHK放送文化研究所の記事に「重用」の読みは?というのがありました。

その後「大事なこと」を意味する「重要」(じゅうよう)との混同を避けるためか、あるいは同じ「重」を用いた「重宝」(ちょうほう)などの読みに引きずられたのでしょうか、「重用」を[チョーヨー]と読む慣用化が進んだようで、昭和30(1955)年には「ちょうよう 重用」の見出し語で一部の辞書に初めて登場しています。

戦前の国語辞書には「ちょうよう」という読み方はないのだそうです。1998年の調査では「ちょうよう」と読む人が8割に達していたそう。

ぼくは小学校で「重用」は「ちょうよう」と習ったと記憶しているのですが、1980年代くらいのことだと思います。どこで変わっていったのでしょうね。

ということで「重用」の伝統的な読み方は「ジュウヨウ」だったとていうお話です。

ytvの道浦アナウンサーも6116「『重用』はチョーヨーか?ジューヨ-か?」 という記事を書いているのですが、アナウンサー4人へ質問したところ、みな「ちょうよう」と読んだそうです。

国語辞典の「初出」も、

「ジューヨー」が「1917年」

「チューヨー」は『広辞苑』初版の「1955年」

まで待たなければいけなかったと。

「ちょうよう」も既に60年以上が経過している、と。感覚的には「重用」を「じゅうよう」と読むと「間違っている」と感じてしまいますね。でも原則的には「じゅうよう」だったというのは覚えておくと良いですね。

なお、道浦アナウンサーの調査によると「重複」に関しては「チョウフク」が伝統的な読み方のようですよ。

いかんいかん! ゲシュタルト崩壊してきた!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【一風堂】定番ラーメン「からか麺」を「極(きわみ)からか麺」としてリニューアル(10月16日発売開始)

次へ

撥水性と防風性を兼ね備えた北欧ブランドmozのウインドブレーカーがセブンイレブン/セブンネット限定で11月4日に発売開始