「悪手」とは?

悪手とは

あるネット炎上を眺めていて「悪手」という言葉を知りました。

自分たちの納得できないもの、気に入らないものを、目の見えないところに追いやるに採用した手法がよろしくなかった‥‥ということで、その手法に関して「あれは悪手だよね」というような評論を多く見かけたのです。

「悪手」とはなんでしょうか? その読み方は?

「悪手」をいざ自分で入力しようとした時に「あくて‥‥あれ? 変換できない?」となってしまったのです。すっかり「あくて」だと思ったのですが、これは勘違いだったようです。

読み方は?

お恥ずかしい!

だって「悪い手(わるいて)」だから「あくて」だと思った‥‥とここまで書いてさらに気づいたのですが「わるいて」からきているのなら「わるて」となりますね。

正解は「悪手」の読み方は「あくしゅ」なのです。

悪手は将棋・囲碁の用語

意味はあくしゅ【悪手】の意味 – goo国語辞書などにあるように「囲碁・将棋などで、その場面で打つべきでないまずい手」となります。

「悪手」は、囲碁や将棋の用語からきた言葉でした。

「悪手」の反対は「好手」

そして「悪手」の反対は「好手」となります。読み方は分かりますね「こうしゅ」です。

将棋用語のページによると、さらに指し手のニュアンスをあらわす用語がたくさんあることが分かります。「最善手(さいぜんしゅ)」「妙手(みょうしゅ)」「緩手(かんしゅ)」「疑問手(ぎもんしゅ)」など。

いずれも「○○て」と読んでしまいそうですが「○○しゅ」と読むのが正解です。

とはいえ‥‥

将棋講座ドットコムの解説によると「悪手」を「あくて」と読む人も、少数派ながらいるようです。これはあくまでも将棋用語として、の場合かと思いますが。

「悪手」の類義語

将棋をやったことがある人であれば「悪手」という言葉を使ったり、またスムーズにその意味を理解することができますが、そうでない人向けにはどのような言葉を使うのが良いのでしょうか。

気になったので「悪手」の類義語も調べてみたところ「ぽか」というのがありました。「ぽか」ですか‥‥。

確かに、悪い一手をひと言で的確に伝える言葉というのは、なかなか難しいものがあるかもしれません。それだけに、将棋・囲碁で使われる「悪手」という言葉が、一般にも使われるようになったのかもしれません。

「悪手」の例

Twitterで使われている「悪手」をいくつかピックアップしてみました。こうしてみると、普通に「悪手」が使われているのが分かります。

もちろん、将棋用語として「悪手」が使われているケースも多々、ツイートされているのが確認されました。

以上「悪手(あくしゅ)」のお話でした。

これでもう読み方を間違えないぞ!

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数