【JR東日本】無線WiFi導入を前倒し、サービス提供車両も拡大

B00M6ITKE6

2017年11月に【JR東日本】東北・上越・北陸・秋田新幹線に無料WiFi導入へ 〜2018年夏よりという記事を書きましたが、これが2018年5月に前倒しされ、さらにサービス提供車両も拡大することを発表していました。計画されていた東北・北陸・秋田新幹線に加え、山形新幹線、中央線特急「スーパーあずさ」にも導入されます。

サービスを提供する線区・対象車両・提供時期について

(1) 山形新幹線(新規導入)

1. 対象車両:E3系
2. 提供時期:2018年度から車両改修を行い、順次サービスを開始いたします。
※2019年度中に全編成でサービスを提供予定

(2)中央線特急「スーパーあずさ」(新規導入)

1. 対象車両:E353系(新型車両)
2. 提供時期:2018年12月から車両改修を行い、順次サービスを開始いたします。
※2019年12月までに全編成でサービスを提供予定

(3)東北・北陸・秋田新幹線(導入時期の変更)

1. 対象車両:E5系、E6系、E7系
2. 提供時期:東北・北陸・秋田新幹線は 2018年夏頃を予定していたサービス開始時期を早め、2018年5月から車両改修を行い、順次サービスを開始いたします。
※2019年5月までに全編成でサービスを提供予定
※上越新幹線のE7系は、2018年度から2020年度にかけての新車投入にあわせてサービスを開始

現在、駅で利用できる「JR-EAST FREE Wi-Fi」のサービスが、車内でもシームレスな認証連携で利用可能になります。

注意点としては、携帯電話の電波を使用したサービスとなるため、一部トンネル内や山間部では利用できないことがあるということです。

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数