「Evernote」で覚えておくと便利なキーボードショートカット

2010-01-18_1619.png

使っている人は使っているけれど、意外に気付かないままになってしまっている人もいるかもしれない「Evernote」で覚えておくと便利なキーボードショートカットを紹介しておきます。

「Evernote」は文章、画像、PDF、音声など、さまざまなフォーマットのファイルをガシガシとクリッピングできるサービスです。

さらにアプリケーションソフトはMac版、Windows版の他、iPhone版やAndroid版などもあり、いつでもどこでも同期したデータを閲覧・編集できて非常に便利なサービスなのです。

MacとiPhoneを使うにあたって「Evernote」のない生活なんて、もはや考えられないくらい愛用しています。そこで普段、便利に使っているキーボードショートカットをご紹介です。

↑の画像にもあるように「Preferences」で4つのキーボードショートカットが設定されています。

1. New Note

2. Paste to Evernote

3. Clip Screenshot

4. Search in Evernote

いきなり4つ覚えるのは大変なので、とりあえず、

2. Paste to Evernote

3. Clip Screenshot

の二つを覚えておくと良いでしょう。

「Paste to Evernote」は、クリップボードの内容を「Evernote」に貼り付けるもので、デフォルトでは「ctrl + ⌘ + v」が割り当てられています。

「Clip Screenshot」は、スクリーンショットを撮影して「Evernote」に貼り付けるもので、デフォルトでは「ctrl + ⌘ + c」が割り当てられています。

いずれも「Evernote」への流し込みの作業をするキーボードショートカットになります。

一つポイントは、デフォルトの状態だとデータを流し込んだ後にウィンドウが開く設定になっているので‥‥

2010-01-18_1635.png

同じく「Preferences」の「Clipping」にある設定から「Bring the new note to the front」のチェックを外しておくと良いでしょう。これで黙々とクリッピングができるようになります。

「Paste to Evernote」は「⌘ + c」でコピーしたものが、そのまま「Evernote」に貼り付け=流し込みがされます。

「Clip Screenshot」は次のような挙動をします。

2010-01-18_1621.png

↑キーボードショートカットを押すと、範囲選択のダイアログが表示されます。スクリーンショットを撮影したい範囲を指定し「OK」をクリックします。

2010-01-18_1622.png

↑「Evernote」のアプリケーションを確認すると、スクリーンショットが貼り付け=流し込みがされています。