スポンサードリンク

「モバイルPASMO」2020年春にAndroidで開始へ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「モバイルPASMO」2020年春にAndroidで開始へ

AndroidスマートフォンでPASMOのサービスが利用できるようになる「モバイルPASMO」が、2020年春に開始することが発表されました。

スポンサードリンク

「モバイルPASMO」により、場所を選ばずにクレジットカードでのチャージや定期券の購入ができるようになります。

「モバイルPASMO」では、PASMOカードと同じように、電車やバスの交通利用に加え、電子マネーでショッピングができます。

対応端末はAndroidスマートフォン(購入時にAndroid 6.0以上がインストールされたおサイフケータイ対応端末)となります。

「モバイルPASMO」による定期券発売予定事業者一覧は以下の通りです。

鉄道

小田急電鉄株式会社
京王電鉄株式会社
京成電鉄株式会社
京浜急行電鉄株式会社
埼玉高速鉄道株式会社
相模鉄道株式会社
首都圏新都市鉄道株式会社
新京成電鉄株式会社
西武鉄道株式会社
千葉都市モノレール株式会社
東急電鉄株式会社
東京地下鉄株式会社
東京都交通局
東武鉄道株式会社
北総鉄道株式会社
株式会社ゆりかもめ
横浜高速鉄道株式会社
横浜市交通局
株式会社横浜シーサイドライン

バス

小田急バス株式会社
株式会社江ノ電バス
川崎市交通局
川崎鶴見臨港バス株式会社
関東バス株式会社
京王電鉄バス株式会社
京成バス株式会社
西武バス株式会社
相鉄バス株式会社
立川バス株式会社
東急バス株式会社
東京都交通局
西東京バス株式会社
日立自動車交通株式会社
横浜市交通局

なぜiPhoneに対応しないかという点ですが「Apple Payを経由するには、アップルが独自に定めるセキュリティや技術要件をクリアーする必要がある」というのが難しいのでは、と推測している記事がありました。

もしかすると、2020年春のサービス開始時に「iOSも」ということになる可能性もなくはないと思いますが。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

2019年のApp Store無料アプリランキング1位は「PayPay」だった

次へ

【Kindleセール】199円均一!ミツカン社員のお酢定食、つらいことから書いてみようか、知識ゼロからの妖怪入門など「おすすめ実用書300冊以上」(1/30まで)